何度も読みたい本

無料ブログはココログ

«  猫の夢 | トップページ | 阿修羅像拝観 »

2009年5月30日 (土)

祝福された者

最近とても体調が良くなりました。
毎日ぐっすり眠れるし、上腹部の膨らみもかなり凹んできています。
肝臓の腫れが縮小していると自分では思うのですが・・

先日の外来では、肝機能、腎機能とも良好で2007年の10月当時の数値にまで
復調していると言われました。
当時は、サンドスタチン筋注が功を奏して痛みも無く快適だったころ。
もっと大喜びしても良いのに、私はブルー。

5月の連休あとにやってきた湿気と低温ですっかりやられました。

体調も良いし、運動不足解消にお散歩気分で歯医者さんへ。

往復で歩いた距離は1.5キロ。
あれれ・・帰り道が上り坂だったせいかな?
張り切り過ぎて年を忘れたせいか?

その夜、私は錆びたロボットと化していました。

階段をドスン、ドスンと音を立てながら降りて
立つとき座るとき腰や膝がギシギシ。
腕を動かすと肩や肘がギギー     てな具合。

それ以来、私の住む仙台は梅雨を思わせる天候続きで、またまた錆ついた感じ。

憂鬱な気分になっていた私ですが、昔友人から教えられた詩を思い出しました。

ニューヨークのリハビリテーション病院の壁に落書きされていたというもの

[苦難にある者たちの告白]
−ある患者の詩−

大事を成そうとして、
力を与えてほしいと神に求めたのに、
慎み深く、従順であるようにと
弱さを授かった。

より偉大なことができるように
健康を求めたのに
よりよきことができるようにと
病弱を与えられた。

幸せになろうとして
富を求めたのに、
賢明であるようにと
貧困を授かった。

世の人々の賞賛を得ようとして、
権力を求めたのに、
神の前にひざまずくようにと
弱さを授かった。

人生を享楽しようと
あらゆるものを求めたのに、
あらゆることを喜べるように
命を授かった。

求めたものは一つとして
与えられなかったが、
願いはすべて聞き届けられた。

神の意にそわぬ者であるにもかかわらず、
心の中の言い表せない祈りは
すべてかなえられた。

私はあらゆる人の中で
最も豊かに祝福されたのだ。
(訳者不明)



A CREED FOR THOSE WHO HAVE SUFFERED

I asked God for strength, that I might achieve
I was made weak, that I might learn humbly to obey...
I asked for health, that I might do greater things
I was given infirmity, that I might do better things...
I asked for riches, that I might be happy
I was given poverty, that I might be wise...
I asked for power, that I might have the praise of men
I was given weakness, that I might feel the need of God...
I asked for all things, that I might enjoy life
I was given life, that I might enjoy all things...

I got nothing that I asked for -- but everything I had hoped for
Almost despite myself, my unspoken prayers were answered.

I am among all men, most richly blessed!

これを書いたのは無名戦士だとか、あるいは患者であった神父などと言われています。

いずれにせよ、悲嘆にくれ絶望している時など、心の奥に響いてくる言葉です。
そして最後の一節に素直にうなずく気持ちになります。

願いはすべて聞き届けられた・・・きっと、私もそうなのだと思い直しています。

«  猫の夢 | トップページ | 阿修羅像拝観 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1176328/29864246

この記事へのトラックバック一覧です: 祝福された者:

«  猫の夢 | トップページ | 阿修羅像拝観 »