何度も読みたい本

無料ブログはココログ

« 収穫 | トップページ | 来客 »

2009年7月 5日 (日)

朗報か?

ここに訪問して下さる方にとっての朗報になるか?という情報を見つけました。

まだ、膵内分泌腫瘍やカルチノイドに対しての応用はずっと先になりそうですが

この種の薬剤を厚労省が認可したことが分かっただけでも
大きな進歩ではないかと思います。

この夏8月から、富士フィルムがバイエル薬品との共同事業提携を結び

国内での受注を引き受けることになった治療用薬剤です。

「ゼヴァリン(R)イットリウム90Y静注セット」というもの。

富士フィルム  バイエル薬品ゼヴァリンR

ただし、今のところはCD20陽性の再発や、

難治性の低悪性度B細胞非ホジキンリンパ腫を対象としているので

これが私たちの病気に応用される可能性についてはまだ未知数です。

明日、T北大の外来なので、

主治医に聞いてみたいと思っています。

« 収穫 | トップページ | 来客 »

治療あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 収穫 | トップページ | 来客 »