何度も読みたい本

無料ブログはココログ

« 嬉しい報告! | トップページ | おじいちゃんの聾老介護「聞こえ」の不思議 »

2009年8月21日 (金)

東北惜敗!そして義父の入院

昨日の甲子園 第3試合は東北高校VS花巻東高校でした。

我らが宮城代表の東北高校は惜しくも1対4で惜敗!!wobblysweat01

Photo_2

9回の裏、花巻東の菊池投手が投げた154キロの豪速球、
打者はもちろん、本人もビックリだったそうだ。凄い!!!

Photo_3

そして、今日は雨。
文字通り、これで宮城の夏はもう終わった〜 rain

このみちのく対決の前、今週の火曜日は、
前日の夜に弟から義父の具合が悪いと知らせがあったので
朝から娘と二人で駆けつけました。

着いてみると、介護している弟は玄関先でぐったり椅子に座り込んでるし・・
義父はなんとなく元気の無い様子でテレビの前。

弟が病院に診察券を出しに行っている間、
義父と台所のテレビで甲子園を観戦。

私たちが来たので少し元気を取り戻したのか、ゼリーを少し食べてくれた。

午後になってやっと病院へ。
さんざん待たされてから胸部レントゲン、腰のレントゲン、頭部のCTスキャン

結果は予想よりもはるかに悪い状態だった。
腎機能、肝機能悪く、心臓も弱って肺の影も気になるとのことで即入院。

こころなしか、義父はベッドの上でほっとした表情。
ずいぶん身体が辛かったのでしょう・・

93歳の義父。
30代で完全に音を失い、本人の言葉も入歯なしだと不明瞭なので
家族でさえも意志の疎通が困難な現実。

本人が一番もどかしいのだろうけれど、義父は一人で苦痛を堪えていたのでした。

巡回してきた若い看護士、自分のおじいちゃんと同い年だと言って
義父の顔を両手ではさんで、感に堪えないように「かわいいなぁ〜・・」
なんとはなしにうっとりしているおじいちゃん。

緊迫した一日だったので、ほっと心がゆるむ一瞬でした。

« 嬉しい報告! | トップページ | おじいちゃんの聾老介護「聞こえ」の不思議 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 嬉しい報告! | トップページ | おじいちゃんの聾老介護「聞こえ」の不思議 »