何度も読みたい本

無料ブログはココログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月29日 (金)

オーシャンズ

つい先日、友人に誘われて行った「オーシャンズ」

20100129_140239


大スクリーンいっぱいに広がる果てしない海は
その場の空気まで澄み切って感じるほど青く、
そして激しく、豊かで残酷で命があふれていました。

冬に海の映像は寒そう・・と思っていたのですが
生き物達のダイナミックさに目を奪われてしまいました。


けれど、ストーリーの進行役である海洋学者は語ります。
「この地球が何万年もの時間をかけて生み出した命のうち
すでの多くのものが、いなくなってしまった・・
そして、もう二度と戻っては来ない。」

20100129_140310


少年に語りかけているのは、絶滅した生物の標本の展示の前。
そして、青い美しい地球の巨大な立体模型がそこにあります。

何かとてつもなく大切なものを失ってしまった、
取り返しのつかない後悔の念で胸が痛くなり、
泣きながら見ていました。


こういうものを目にした後、きまってわき上がる慚愧の念。
しばらくひきずりそう・・・

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村

2010年1月26日 (火)

ジレンマ

先日、大九州展で、ひさびさに食べた豚骨ラーメン。

2007_0915_120636_4


昨年の後半過ぎになってから、ようやく(゚▽゚*)
こういうものが心置きなく食べられるようになりました。

以前、膵臓の病気だという自覚が無かった頃、
ご馳走を食べたら、後でトイレに駆け込むパターンでした。

特に故郷の味・とんこつラーメンは要注意。

昨年2回目の治療を終えた後のこと、
もういいかな?と食べて一度ひどい目に遭いましたし、
私にとっては体調のバロメーターのひとつです。


今ではたいていのものは食べることができるようになりました。
(以前は食べる事に苦痛を感じていたのが嘘のようです。)

しかーし、喜んでばかりはいられません!

なんと、中高年の女性は要注意!
閉経に伴い、内蔵脂肪を蓄える体質に変化するというではありませんか!
つまり、それまでと同じように食べていたら
どんどん太り続けるってこと!!Σ( ̄ロ ̄lll)

これはもう、身体を動かすか、
あるいは食事の内容を変えるかしかない!

よし、歩いてみようと思い立ったのですが
これが・・・

40分以上歩くと、膝が痛くて・・・・(ρ_;)

せっかく良くなってきたので
美味しいものは食べたいし
かといって
これ以上太っては着るものが無いし(5キロ太りましたwobbly

ジレンマに陥っています。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村

2010年1月23日 (土)

相棒

久々に灰色猫のポートレートです。

アルバイトに来ている食堂さんがデジイチで撮ってくれました。

Dsc09153

お年のせいかちょっと下腹がだぶつき気味(゚ー゚;

Dsc09161

怖い顔してるけど性格はとても控えめ。

夜に私の布団に入ってきますが
入れて欲しいと前足で布団をカリカリして待機。
布団を持ち上げてあげるとやっと入ってきます。

そして、必ずお腹を踏んづけられます。

出て行く時も身体を踏んづけて出て行きます

夜中に何度も出たり入ったりで
この繰り返し・・( ̄○ ̄;)!

もぅー、添い寝は嬉しいけど、寝不足!!(≧ヘ≦)

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村

2010年1月21日 (木)

KY線

先日のお茶の時間のことです。

Dscf1616


Dscf1617


おいしい最中を食べながら、
このお菓子の名前しっぽもひと役のことを話していましたら、
夫がひとこと
「子豚でもいじめに遭うとしっぽを食いちぎられるんだって・・」

・・・・・・・・( ̄○ ̄;)!

すかさずスタッフから、「KY線あるんじゃないですか?」
とのつっこみ。

思わずみんなで夫の手を注目。

ありました!立派なKY線が・・( ̄◆ ̄;)

20100121_132613


◆KY線とは?

知能船と生命線の起点が離れている線、
この線と線の間が5mm以上離れていると、よりいっそう強い傾向に、
日本人の9割以上はくっついているらいしのでとてもレア。
モデルや芸能関係の人にはかなり多い、空気が読めないというより、
我が強い、周囲の合わせず自分の思うようにしていきたいタイプ。

う〜ん、当たってます。みんなで納得(´,_ゝ`)プッ


ちなみに私はマスカケの手相ですが
波瀾万丈というのだけ当たってます。

みなさんはいかがですか?

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村

2010年1月19日 (火)

外来と古里の味・・ラーメン

昨日は外来に行ってきました。
病院は、昨年増築されたのでだいぶ広くなりました。
私の受診する肝胆膵外科も場所を移動してとまどいました。

いつも通り採血と採尿をすませて呼ばれるまでの間、
ベンチで待っていたら、Sさんにお会いしました。
PRRTに関して問い合わせて下さった同じ主治医の患者さんです。

Sさんは病気に関する情報収集に長けている方なので、
情報交換しながらお互いの状況を語り合いました。

それぞれに置かれている状況が違うので
一概にどの治療法が一番良いとは言えないのですが
仲間の存在を身近に感じられて
とても心強い想いでした(*゚▽゚)ノ

こうしてネットを通じて繋がっているとはいえ、
同じ空間に身を置いて交流する機会がなかなか無いですし・・

つい、主治医に他の患者さんの安否確認をしてしまい、
個人情報は話せないと言われてしまいました。

当然ですが、聞き方が悪かった...トホホ( ̄Д ̄;;

ブログを開設している方の場合は特に、
長い間更新が無いままだととても心配になります。

お元気でいて下さる事を祈りつつ・・

今回の私の検査結果は
ALP値が714と高いのは相変わらず
尿中の白血球反応3+
栄養状態の指標であるCheが413とかなり改善されました。
どうりで太ってきたわけだわ〜ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

帰り道、百貨店で開催中の“大九州展”へ

数年ぶりに博多ラーメン食べました!!
携帯で写メ!

Photo_2

2010年1月16日 (土)

どんと祭行ってきました

久しぶりの大崎八幡神社です。


Dscf1589_2

参道の両側には、懐かしい出店が沢山ありました。
(この裏手にももう一列ありました。)

Dscf1590


残念ながら日中に行ったので火入れはまだでした。

参道の入り口にで会ったマネキン
裸参りの装束です。

Dscf1614

口には含み紙を
あまりの寒さで歯ががちがち鳴らないように・・・??

Dscf1615_2


帰りのバスの車窓から裸参りの人達が見えました。

今年、我が家では私と娘の二人が厄年なのです。
節分前に厄よけ祈願に来ようと話しながら帰りました。

お茶をやっているせいなのか
日本ならではの習俗やしきたりを守りたいという娘です。

彼女自身が16歳の時にガンになりましたし、
それに加えて親もこんな奇妙なガンになってしまったので
少しでも幸運を呼び寄せたいのでしょう。

私は、若かった時には軽んじていましたが
最近はこういう習俗に郷愁を覚えるようになりました。

八百万の神々が住まう日本に生まれた人ですものね・・

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村

2010年1月14日 (木)

今日はどんと祭

大寒小寒・・・今朝は一段と冷え込みましたね。
私の住むところでは氷点下まで下がったようです。

ところで、今日は一年間の無病息災を祈るどんと祭の日。

Img_01

写真は昨年のものです
大崎八幡 松焚祭


私は、昨年までは近くの公園に行っていましたが
昨年の陥没事故のために今年は中止。

大崎八幡神社は古くから、仙台市民の厄よけ祈願、
七五三や結婚式などに親しまれてきました。

夕方には有名な裸参りも行われますが、見るだけでも震えてきます。
なんと近年は女性の参加者も増加しています。

Photo


私も、家族友人の今年一年の無事を祈って、
古いお守りや正月飾りを火に投げ入れてきま〜す。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村

2010年1月10日 (日)

回想・・バーゼルへの道その2

バーゼルSBB(チューリッヒからの到着駅)の前です。

Photo

前回の内容は、あくまで私の個人的なケースでした。

今日は、少し難易度の高い方のケースについて書きたいと思います。

問い合わせて来た方の中には、
バーゼルに打診した段階で、その方の病態によっては
治療の効果を判断する指標の一つ、
オクトレオスキャンを必須条件として示された方もいます。

オクトレオスキャンとは
神経内分泌腫瘍.NETより

海外では、NETの局在診断にはソマトスタチン受容体シンチ(SRS; Somatostatin Receptor Scintigraphy)が使われていて、1cm以上の大きさのNETを描出できるために、 転移巣を含めた全身的検索に有用ですが、日本では試験研究がなされましたが、認可されずに研究的にいくつかの施設で実施されている残念な現状です。

このような記述でした。
そのために、この時点でPRRTをあきらめる方もあるかもしれません。

しかし、この高いハードルを超えた方がいます!(*^-^)

昨年治療を終えたNさん、そして今年2月予定のHさんです。

いくつかの条件が付帯していましたが
国内で、検査を実施してくれる医療機関を見つける事ができたのです。

ここでそれらの医療機関の名前を公表できませんが
あきらめずに、治療の可能性を求めて
扉を叩き続けていけば道が開くということですね;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

その他にも、結果としては検査の必要がなかったのですが
Kさんも医療機関まで出向いて行き、直談判したのでした(*^m^)

こうした皆さんの勇気ある行動によって
何かが確実に動きだしていると思うのは私だけでしょうか・・


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村

2010年1月 8日 (金)

回想・・バーゼルへの道その1

昨年は、ブログを通じて沢山の方からの問い合わせをいただきました。
PRRT治療に関しては、私の個人的な体験にもとづいた情報ですが
少しでもお役に立てたらこんな嬉しいことはありません。

そこで、日本では未承認の治療であるPRRTを
海外で受けるまでの流れをおさらいしてみたいと思います。

文章が続くので読みにくいかもしれませんが
おつきあいください。

1 2008年10月 まことさんのブログによって
まことin サンフランシスコPRRTという治療法のことを知る
2 まことさんに問い合わせし、詳細な資料をいただく
3 その資料に掲載されていたヨーロッパ4カ国のどこに打診するか、悩む
4 偶然にも、バーゼル滞在経験ありの知人ができ不安が解消
5 バーゼル大学病院あてにメールにて治療を希望していると打診
6 バーゼルより受け入れ条件を提示される
7 現在の主治医にPRRTの資料を提出し、協力をお願いする
8  11月 これまでの病歴、検査画像などのデータ類をバーゼルへ郵送
9 12月バーゼルより受け入れ許可、日程の決定
  こちらからは旅程、宿泊場所をメールで報告
10 渡航準備(航空券、宿泊の手配)
11 2009年1月末 成田よりチューリッヒへ直行便にて出発

成田で 搭乗手続きまち・・この後車いすを拝借

Photo_19


スイスインターナショナルエアラインの機内食
(提携しているANAの日本人のCAも同乗していて安心)

Photo_13


12 2009年2月 入院治療3日間、快適な病室でした。
  顔丸出し・・
Photo_18

無事退院して観光を楽しみました。

マルクトプラッツ市庁舎前の市場にて

Photo_15

バーゼル市立美術館にて 
ロダンの彫刻「カレーの市民」に出迎えられます。

Photo_16


13 帰国後、主治医への治療の経過報告、その後のフォローアップ
  (腎臓、骨髄抑制などの有無を採血により観察)
14 1回目の治療後8週間以降に次回の日程が決定
15 1回目の経過を検査データなどバーゼルへ郵送
16 2回目の日程が決定
つづく・・

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村/>

2010年1月 6日 (水)

今年もよろしく!

4日はワインパーティーでした。

美味しいワインは主催者のS夫妻から
(新婚ほやほや)(o^-^o)

料理は各自1品持ち寄りです。

Photo

チーズフォンデュと米粉のクレープを肴に

まずは乾杯!

Photo_7

第2弾は秋田名物きりたんぽ鍋!

Photo_9


そして最後にチョコフォンデュ ヽ(´▽`)/

Photo_11

意外だったのは、エビがチョコフォンデュに合うこと。(・_・)エッ....?

元スタッフだった2人や娘の友人達が主なメンバーでした。
若い人たちに囲まれて
自分も若返ったような楽しいひとときでした。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村<

2010年1月 2日 (土)

投資家の気分で

仙台は雪のお正月です。
今朝も暴風が吹き荒れています。

喪中のため年初のご挨拶はご遠慮させていただきました。

さて、昨日の元旦は一人になった義弟を訪問しました。
おせちは町内にある懐石料理のお店のものを持参。
(おじいちゃんの看病のために早々と注文していたので)

一通りお酒が回ったところで
モノポリーをしてみました。

Photo_3

土地を買い占めてホテルを建てるやら、鉄道会社を独占するやら
いや〜、投資家の気分を味わいました。
だんだん資本家らしい嫌らしさを持ち始める私たち(笑)

夢中になって遊んでいたら、外は吹雪でした。
夕食もそこそこに急いで帰宅。
氷点下2度の雪景色です。

Photo_4


皆様にとっても穏やかな一年でありますように。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »