何度も読みたい本

無料ブログはココログ

« 今年もよろしく! | トップページ | 回想・・バーゼルへの道その2 »

2010年1月 8日 (金)

回想・・バーゼルへの道その1

昨年は、ブログを通じて沢山の方からの問い合わせをいただきました。
PRRT治療に関しては、私の個人的な体験にもとづいた情報ですが
少しでもお役に立てたらこんな嬉しいことはありません。

そこで、日本では未承認の治療であるPRRTを
海外で受けるまでの流れをおさらいしてみたいと思います。

文章が続くので読みにくいかもしれませんが
おつきあいください。

1 2008年10月 まことさんのブログによって
まことin サンフランシスコPRRTという治療法のことを知る
2 まことさんに問い合わせし、詳細な資料をいただく
3 その資料に掲載されていたヨーロッパ4カ国のどこに打診するか、悩む
4 偶然にも、バーゼル滞在経験ありの知人ができ不安が解消
5 バーゼル大学病院あてにメールにて治療を希望していると打診
6 バーゼルより受け入れ条件を提示される
7 現在の主治医にPRRTの資料を提出し、協力をお願いする
8  11月 これまでの病歴、検査画像などのデータ類をバーゼルへ郵送
9 12月バーゼルより受け入れ許可、日程の決定
  こちらからは旅程、宿泊場所をメールで報告
10 渡航準備(航空券、宿泊の手配)
11 2009年1月末 成田よりチューリッヒへ直行便にて出発

成田で 搭乗手続きまち・・この後車いすを拝借

Photo_19


スイスインターナショナルエアラインの機内食
(提携しているANAの日本人のCAも同乗していて安心)

Photo_13


12 2009年2月 入院治療3日間、快適な病室でした。
  顔丸出し・・
Photo_18

無事退院して観光を楽しみました。

マルクトプラッツ市庁舎前の市場にて

Photo_15

バーゼル市立美術館にて 
ロダンの彫刻「カレーの市民」に出迎えられます。

Photo_16


13 帰国後、主治医への治療の経過報告、その後のフォローアップ
  (腎臓、骨髄抑制などの有無を採血により観察)
14 1回目の治療後8週間以降に次回の日程が決定
15 1回目の経過を検査データなどバーゼルへ郵送
16 2回目の日程が決定
つづく・・

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村/>

« 今年もよろしく! | トップページ | 回想・・バーゼルへの道その2 »

PRRT治療関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年もよろしく! | トップページ | 回想・・バーゼルへの道その2 »