何度も読みたい本

無料ブログはココログ

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月26日 (月)

思い出は消えない

ご心配おかけしました。

今回のぎっくり腰は思った以上に長引いてしまいました。
長期間じわじわと蓄積された疲労が原因だったようです(^-^;

結局、知り合いの経験豊富な方に(ちと高い!)
マッサージと鍼、灸を施術してもらってようやく快復してきました。

そして、何よりの慰め。

これが届きました!


Dscf1951


Dscf1953

これまでの灰色猫の写真をiPhotoでアルバム作成しました。
いつでも手元において見ることができます。
離れて住む次女にも送ろうと思い、2部作成。
注文してから5日くらいで手元に届きました。

5月の連休には、横浜にこれを観に行きます。
[CATS]

Dscf1952


灰色猫を亡くしたばかりのこの時期に
よりによって、CATSとは・・・
あまりに皮肉なのですが、実はチケットの入手は1ヶ月以上も前のことでした。
なんだか、奇妙ですけれど。

次女との以前からの約束でもあったので、
気持ちの区切りをつけるためにも行ってきます。

まだまだ、喪失感は大きいのですが、
一緒に過ごせた時間と沢山の思い出が私たち家族の心を温め続けてくれます。
ブログを通じてファンになって下さった皆さんには、心から感謝しています。

そして、会社のHPにも度々登場していたので
ファンになって下さった方もいました。
癒し部長タイちゃん

食堂さんも
タイちゃんの写真を飾る


きっとみんなを天国から見守ってくれていることでしょう。


最後にほほえましい写真を


これはギーちゃんと一緒のスナップ。
(鳴き声が錆びた蝶番の立てる音「ギーッ」に似ていた子猫)

Photo_2

そして、彼が成長してのスナップ
上からちょっかいを出してます。


Photo


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村

2010年4月21日 (水)

ぎっくり腰

17日の土曜日は、朝目覚めると雪が降っていて驚きました。

Photo_2

しかし、翌日からは天気が回復し、桜が咲いたようです。
私たち家族が悲しみに浸っている間に
季節がめまぐるしく行ったり来たり・・

Photo


私は、ここ数日というもの、ぎっくり腰でダウン。
娘のダイエット用ゴムバンドなんかで腰を補強して
その場しのぎをしてごまかしていましたが一向に快復せず。

早く治りたい一心で月曜に整骨院に行きました。
マッサージを午前と午後の2回に分けて施術されたのですが
その夜から強烈な痛みに襲われました。

背中、腰、上腹部、ひさびさに痛みで輾転反側する一夜を過ごし、
翌日も痛みに耐えかねて、屯服のオキノームを5mg飲みました。
筋肉痛には効かないのか、全く改善されず・・・(。>0<。)

なんだか張りつめていた心がポッキリ折れてしまった感じです。o(;△;)o

考えてみると、腰痛の症状はこの冬の間ずっと自覚がありました。
灰色猫が、毎晩私の布団に潜り込んで寝ていたので
寝返り打つのにも気遣いながらだったし、
同じ姿勢でいると腰が痛くなったりしていました。

あの夜、事故現場に行く時もへっぴり腰でしたし
5キロの灰色猫を抱きかかえて家まで歩くのも結構しんどかった。

まさに、心と身体はひとつながり。
一度に何もかもが溢れてきてしまったのでしょうか・・

今朝になってようやく痛みが治まりました。

Dscf1091

これは、最近、また通って来ている猫です。
灰色猫のことが大好きだったノラです。
近所の家で子猫を生み、しばらくは行方不明でした。

なんとか手なづけて避妊手術を受けさせようと画策中。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村

2010年4月19日 (月)

おや、こんなところに!

皆さんから温かいメッセージを送っていただいて
少しずつですが気持ちが上向きになりました。

部屋の隅やベッドの上に彼の姿を探してしまったり
灰色猫の写真をみるたびに涙ぐんでおりますが
こんなものを見つけました。

ほら!なんとたいちゃんが表紙を飾ってるんです。

哲学的な風貌がとてもいいですね・・

E2e1680adead6476e078290d228c6_4001

人気が出たのかこちらにもモデルとして出演

Photo


こちらのサイトで遊んでみました。
あなたもモデルに


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村

2010年4月16日 (金)

さようなら灰色猫

灰色猫=たいちゃんという名前でした。

これはごく最近の写真。
片耳が小さく折り畳まれていたのがおもしろいでしょう?

Dscf1947


昨夜のこと。
いつもの散歩からなかなか帰って来ないなぁ〜と思っていたとき
娘が帰宅するなり、「たいちゃんはいる?」と聞きました。

すぐそこの道路に灰色猫が横たわってた・・・
緑色の首輪が落ちてた・・・・

慌てて外に飛び出して見つけたのは・・・・・
変わり果てた灰色猫の姿でした。
車にはねられたのでしょう。
衝撃のあまり、皆で号泣しながら抱いて連れて帰りました。

ほとんど眠れずに朝を迎え、
近所の友人や事務所のスタッフが花をたむけてくれた後、
家族3人で火葬場に連れて行きました。


さびしくてさびしくてたまりません。
ちょっとした物音が全部灰色猫の気配のように感じます。

あと数日で13歳でした。
この数年はペットは彼1匹だけだったので余計に寂しさが堪えます。

もの静かで穏やかな性格で、美しい灰色の毛並みの手触りが
他の猫には無いような、何とも言えない心地よさでした。

私の闘病中も、いつもそばに寄り添ってくれていました。
家で彼が待っていると思うと、心が温かくなりました。

玄関まで必ず迎えに来ていた灰色猫。


しばらくは彼の姿を目で追い求めてしまうと思います。


Dsc09161


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村

2010年4月15日 (木)

お役立ちサイト

今日、いろいろ見ていたらこんなの見つけました。(◎´∀`)ノ

20100415_94838_3


アストラゼネカ(株) がんになっても


特に、この中の記録ノートは優れものだと思いました。

自分の病歴、治療の記録をとっておくことは
セカンドオピニオンを聞くときにも
また治療方針の変更を検討するようなときにも
患者とその家族にとって納得のいく判断や決定をするためにも
必要な項目が網羅されているので便利だと思います。

PDFファイルをダウンロードできます。

患者自身の自己決定が尊重される時代になったのですから
自分の身体のことをきちんと把握していたいものですね・・(*^-^)


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村

2010年4月12日 (月)

待ち遠しい桜

おはようございます。
仙台北部の私の家周辺は、ただいまみぞれが降っております。snow
信じられないような天候。・・・(≧ヘ≦)

桜の開花宣言もまだというのに・・・・┐(´-`)┌

Dscf1881

こんな日は丸くなって寝るのが一番


Dscf1085


薪がまだたっぷりあった頃は無造作に積んであったけど・・

Photo

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村

2010年4月 7日 (水)

牛の鈴音

今日は連投です。

昼間見た映画、泣けました。

Photo

韓国のドキュメンタリー映画です。

Ushi_mainthumb500xauto

老人と年老いた牛の暮らしが丁寧につづられたものですが
韓国で様々な賞を獲得し、沢山の人に感動を与えた映画です。

昔ながらの農業を営む老夫婦の貧しく厳しい暮らしぶりには
田舎育ちの私の見慣れた景色が広がっていました。

頑固に昔ながらの農業を続けるおじいさん。
そして、おじいさんと共によろよろした足取りで働き続ける年老いた牛。

牛のために農薬をまかず、不自由な足で草刈りをするおじいさん
それに対して不平不満をわめきたてるおばあさん。
静かな田園風景の美しさ、切なさ・・

あるときはおばあさん、
あるときは牛に自分が重なりました。

従順で忍耐強い牛の姿と口やかましいおばあさんの対比。

この牛はあと一年もたないだろうと告げられて
それから・・・


これを書いていても泣けてきます。

おすすめです。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村

胃・静脈瘤

月曜日の5日は混雑を避けたくて早朝に家を出かけました。
大学病院での胃カメラ検査の予約が9時。

空腹な時間を少しでも短くしたくて朝一番にいれてもらいました。


昨年の検査では、胃底部の静脈瘤が指摘されていたので
今回はどうなっているか不安と期待が入り混じった気持ち。

お隣に田舎から来たおじいさんが座り
これまでの自分の病気のことを話してくれ、
待ち時間が短く感じられました。(*^-^)

結果は静脈瘤は認められないとのこと。
もう、胃薬は飲まなくて良いでしょうと言われました。

やっほ〜!!ヽ(´▽`)/

これで、一切のクスリと縁が切れました!!!(≧∇≦)

次回の外来6月まで無罪放免です。sunsunhappy02


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村

2010年4月 2日 (金)

義経と怒りについて

昨日の義経にまつわるいわれについて考えています。
文字だけで読みづらいですが・・(汗)

平の一族の騎馬兵が蹴上げた水しぶきがきっかけで
9人もの相手方を斬り殺してしまったというエピソードでした。

義経は、数々の戦功をあげたにもかかわらず
最後には頼朝に疎まれて失墜してしまうわけですけれど
蹴上げでの一件にも見られるように、
激昂しやすい性格だったのではないかと思ったのでした。

もしそうだとするなら怒りをコントロールすることができたら
ずいぶん違った生き方をしたかもしれません。

今回、セミナーに参加する前日に何気なく交わした会話から
暗示されていたものは、私にとってとても意味あるものだと感じています。

私は、義経とは比べ物になりませんが(汗)
父親への怒りをずっと持ち続けていたこともあって
「怒り」を手放すことが私自身のテーマでもありました。

ただ、一口に怒りといっても、
単に暴力的な怒りではなく、
「怒り」や「不満」という形でしか表現できないけれども
実はその奥に「こうしたい、こうであったなら・・」という
「願望」が隠されている「怒り」があることを
セミナーなどの場で何度となく意識化し、気づくことができました。

それならば、「願望」として抱いているものを
どうしたら実現できるのかが課題となってきます。

それには
出来事が起きたときの「いつもの気分」から
「いつもの考え」そして「いつもの人間関係」へと回るサイクルがあることに気づくこと。
そしてその結果として「いつもの結果」が眼前にある現実を生み出しているという法則に気づくこと。

私にとっては、この病気になったことが
この、いつものトライアングルを見破り、
そこから脱出させてくれる大きなチャンスだったのだと思うようになりました。

もう、残り時間が少ない!という緊急事態になったからこそ、
真剣に自分のテーマに向かい合えたと思っています。
父親と私は実はとても似た者同士であったことを
ようやく受け入れることができるようになりました。(*´ェ`*)

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村

2010年4月 1日 (木)

「蹴上げ」とは・・

先日、私が宿泊した京都東山の「蹴上げ」という地名のいわれについて書きましたが
実は、あれは従妹の勘違い、もしくは聞き違いでした。

東海道沿いに石仏が祀られており、これも夫が気になっていたものでした。

Dscf1897


調べてみると、義経にゆかりのものでした。
蹴上げの石仏

なんとも血なまぐさいことです。Σ( ̄ロ ̄lll)

それにしても、
京都はやはり歴史の重みを感じる都市だとつくづく思いました。

にしんそばを食べたお店で
「おこしやす〜」と言われたとたん、
あ〜、京都に来たんだな〜と実感。

従妹も京都に嫁いで30年あまり・・
はんなりした京都弁が板についていました。

私は従妹の住まいに半年だけ居候していたことがあり、
その間、百万遍のあたりや八坂神社のあたりを歩き回ったものでした。
当時はまだ市電があり、
レールのカーブを曲がるときに
がく〜んと強力なGをかける運転手がいたりして・・(@Д@;

夫いわく
「できたらまた来年、もう少しゆっくりと京都を散策したいね・・」

この年齢になってから訪ねる古都には、
若かった時とはまた別の趣があります。
とても名残惜しい旅でした。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »