何度も読みたい本

無料ブログはココログ

« 胃・静脈瘤 | トップページ | 待ち遠しい桜 »

2010年4月 7日 (水)

牛の鈴音

今日は連投です。

昼間見た映画、泣けました。

Photo

韓国のドキュメンタリー映画です。

Ushi_mainthumb500xauto

老人と年老いた牛の暮らしが丁寧につづられたものですが
韓国で様々な賞を獲得し、沢山の人に感動を与えた映画です。

昔ながらの農業を営む老夫婦の貧しく厳しい暮らしぶりには
田舎育ちの私の見慣れた景色が広がっていました。

頑固に昔ながらの農業を続けるおじいさん。
そして、おじいさんと共によろよろした足取りで働き続ける年老いた牛。

牛のために農薬をまかず、不自由な足で草刈りをするおじいさん
それに対して不平不満をわめきたてるおばあさん。
静かな田園風景の美しさ、切なさ・・

あるときはおばあさん、
あるときは牛に自分が重なりました。

従順で忍耐強い牛の姿と口やかましいおばあさんの対比。

この牛はあと一年もたないだろうと告げられて
それから・・・


これを書いていても泣けてきます。

おすすめです。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村

« 胃・静脈瘤 | トップページ | 待ち遠しい桜 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ピンクさん〉世の中には本当に凄い体験をした人が沢山いますものね・・
生きていくって大変なことだとつくづく思います。

映画は、しばらく、観てませんね。40年前にみた、【ひまわり】がいまでも、鮮明におぼえています。いまは、テレビの【ドキュメンタリーが好きで、それを観て、涙をながしています。「わたしの、苦労なんか、たいしたことがないやと、自分を、奮いたたせています。

hirochanさん〉ぜひぜひ観てください!そして泣いてください!!

その映画はうちの店でも話題になっていました。
観たんですねー。

動物と人間の絆のストーリーって想像しただけで
泣けてきます。weep

こちらでは映画館では終了したみたいなので
レンタルで観たいです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 胃・静脈瘤 | トップページ | 待ち遠しい桜 »