何度も読みたい本

無料ブログはココログ

« 思い出は消えない | トップページ | マッサージの適用と禁忌について »

2010年5月 6日 (木)

CATS

皆さんはこの連休をどんな風にお過ごしでしたか?

私は、先日もブログに書きましたが
4日に、横浜のキャノン キャッツシアターというところで
劇団四季の「CATS」を観てきました。

横浜駅から徒歩10分、みなとみらい線だと地上出口のすぐ目の前が劇場です。

Cats

「CATS」は、1981年、英国で初演されて以来
ロングラン上演されトニー賞初め数々の栄冠に輝いたミュージカルです。


横浜は、ステージの両脇までを囲む形の特設劇場です。
オープニングでは、
舞台のあちらこちら、そして観客席のあちこちで猫の目が光っています。
しょっぱなから思わず涙ぐんでしまいました。

ストーリーは、
猫には3つの名前がある・・という歌から始まります。
「猫に本当の名前をつけるのは難しい」
誇り高くしたたかに生きる猫たちの様々な猫生が語られ、
天上の世界に上り、新しい命を与えられるただ1匹の猫を選ぶ
年に一度の特別な夜がやってきたというものでした。


そのただ1匹の猫とは、なにをもってして選ばれるのか・・


Dscf1954_2


俳優達の歌や踊りは圧巻でした。
観客席まで縦横無尽に走り回る猫達に
わくわくするような演出も楽しめましたが、
日本人の私には
なぜこれほどまでにロングランヒットしているのか???
という場面がいくつかあったのも正直な感想。

どうしても英語から日本語に翻訳する際に
削ぎ落とされてしまうニュアンスがあるだろうな〜 (;;;´Д`)


その答えのひとつは、偶然みつけたこの方のブログに。
http://blogs.yahoo.co.jp/isshy_0810/3583018.html


老猫グリザベラの唄う歌「メモリー」はとても心に沁みる歌でした。
目を閉じて聞いていると心の深い傷が癒やされるようでした。


私が、猫の死で味わった深い孤独感は、なかなか家族にも理解されずにいました。

幼い頃から家族の死を多く体験してきた人生だったことも、
遠からず直面するであろう自分自身の死ともようやく向き合える心境になれた矢先だったこと
心のどこかでは、「もう、これ以上悪いことは起こらないだろう」という幻想を抱いていたこと
etc etc etc etc ・・・・・・・・

それらすべてが砕かれてしまったように感じていた私でしたが
誰よりもみじめな人生を送った猫のグリザベラが
「メモリー」=「美しい日々・・」と歌いあげるところでは
言葉を超えたところで何かがほどけていく感覚があり
心の奥に届いてきたものがありました。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村

« 思い出は消えない | トップページ | マッサージの適用と禁忌について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。コメ返し有難うございます。

だらだらと自分の気持ちの整理がついてきた事を書き込んで、ご迷惑じゃなかったかな~なんて、後で考えてました。

ものごとには不思議に前もって仕組まれていたのかしらと思うような瞬間があると感じますが>ホントにそうですね。

「CATS」私も見る機会があれば、観てみたいですね。

星の砂さん〉張りつめていた気持ちが緩んだ時に、どれほど心が疲れていたかがわかるものですね・・(゚m゚*)

私も、あまりにも朴念仁の夫に、ずいぶん八つ当たりしました。(゚ー゚;
人それぞれの感性だから仕方がないんだけど。

ものごとには不思議に前もって仕組まれていたのかしらと思うような瞬間があると感じますが、先日の「CTAS」もそうでした。
2ヶ月以上前に予約していたのですけれど、このタイミングで見るべきだったのだと納得しました。


星の砂さんのところに小鳥がやってきて、
きれいな歌声を聞かせてくれたりするのも誰かからの贈り物かもしれませんね。 美味しい料理や笑顔を取り戻して下さいね〜o(*^▽^*)o

GWも過ぎてしまえばあっという間です。笑。

いろんな思いを胸に「CATS」観られたんですね。

主人の病状が小康状態になり、気が緩んでほっとした所で、
なぜか解りませんが、深い孤独感を覚えるようになりました。
主人や家族にとってはとても幸せな事のなのにですよ。

3月の始めごろから体調を崩したこともあり、その思いが一層募り
自分でも戸惑うほどさいなまされて、なにもかも身が入らなり、まるでスパイラルを起こすように気持ちと体調が沈んでいく……。

自分でも説明がつかず辛い時間でした。

気持ちの持って行きようがなくて主人をずいぶん、困らせてしまいました。

連休中、遠路はるばるお義母さんの兄弟たちが訪ねてきて、愉しい時間を過ごす事が出来、気持ちも落ち着きました。

時々不意に不安…とはまた違うんですが、似たような気落ちが襲ってくる時があります。最近はそうゆう時は、物言わぬ植物や、鳥たちを見て自分の悩みを吹き飛ばしてもらってます。

家族も、頼りない私でも結構頼りにしてるようですしね。笑。

ふくろう猫さんのブログや、頂いたメール、他の方のブログに
お邪魔したりして励まして頂いてます。

前を向いて歩こうとしてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 思い出は消えない | トップページ | マッサージの適用と禁忌について »