何度も読みたい本

無料ブログはココログ

« 3度目のスイス | トップページ | 鉛の壁 »

2010年9月 4日 (土)

続き・・

チューリヒ湖でのクルーズは小雨の中でしたが
あまり外出できない私にとっては楽しい経験でした。
船の中から、外を見た写真です。

Photo_org1

ちょっと冷えた身体をあっためようと、
スイスに来て初めてのフォンデュ屋さんへ。
(窓のところに牛の看板があるお店です。)

Photo_org_2

お腹いっぱいになり、いよいよバーゼルへ移動です。
昨年も泊まった大学病院のゲストハウスHostelに滞在します。


翌朝、10時半に4階の核医学科に行きました。
今回もこの3人の看護士さん達にお世話になりました。
ふとっちょでユーモアたっぷりだったピエールさんが
なんと驚くほどスマートになっていて見違えました。
(真ん中に写っている人です)

Photo_2

個室に案内され、問診を受けて治療の説明を聞き
まず、腎臓を保護するための点滴、そして舌下錠を服用します。
半分ほど点滴したところで地下へ。

今回の担当医は眉毛がつながってました。

Photo_org

特に注意されたような副作用も自覚無しでした。

ほっとしたところでお昼ごはん。
とっても量が多くて食べきれません。

Photo_4

この後、全身のスキャンを撮って終了。
一日目が無事に過ぎていきました。

翌日は朝から検査が続きました。
全身のPET/CTおよびスキャン、腹部スキャンなど
1時間半ほどで終了。
そしてお昼ご飯。この日はもう何もすることがありません。
のんびりと昼寝したりお茶を飲んだりして過ごしました。

驚いたのがこの日の夕ご飯。
チーズがごろっと生野菜の上に乗っているだけ・・

Photo_5

2日目が過ぎて、もう明朝は退院です。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

« 3度目のスイス | トップページ | 鉛の壁 »

PRRT治療関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3度目のスイス | トップページ | 鉛の壁 »