何度も読みたい本

無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月27日 (月)

初登頂成功!!

2代目の灰色猫、タオちゃんはすくすく成長中。
どんどん出来る事が増えています。

一昨日まではここまで登れました。

214630196_2

そしてついに昨日、登頂成功!!


214838882

バンザーイ!!

214051835


満足満足( ^ω^ )

212797667_2


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

2010年12月24日 (金)

イブのTAOちゃん

TAOちゃんが我が家にやってきてから今日で4日目。
私、ふくろう猫と同じ誕生日です。⊛(◔ั◡◔ั)⊛

地震の日に生まれた5匹の子猫のうち、運良く生き延びた2匹の子猫。
そのうちのたった1匹のオスの子猫でした。


なんだか不思議なご縁を感じます。
やっぱり神様からのプレゼントかしら・・・


Dscf2139

もう、すっかり馴染んでいます。
少しずつ活動範囲も広がりました。

Dscf2138

そして、こんな大ジャンプも!ヽ(´▽`)/
キャットタワーに飛び乗る瞬間を激写!!


Dscf2133

窓の外は隣の隣。
例のゴミ屋敷だったところは、さっぱりきれいに更地になりました。


Dscf2141


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

2010年12月20日 (月)

やってきました!

昨日、待望の子猫が我が家にやってきました。
これは旅の途中の写真。
ケージの中で眠そうな顔しています。

新幹線の中でも少しも鳴かず
家に着いても殆ど鳴き声をあげません。

Img_7677

名前はTAOちゃんといいます。
タイ語で灰色と言う意味だそうです。
そして、中国語の「道」という意味もあります。

先代の猫が「たいちゃん」だったので響きが似ています。
見た目もそっくり・・

始めはおっかなびっくりで、ケージの隅っこにいましたが
今日は少しずつ遊んでいるうちにずいぶん慣れて来て
部屋中を探検して遊んでいます。


Dscf2115_2


今まで聞いた事の無いような高い声で鳴きました!
「キキ〜」って、小鳥のようです。

新しい家族が増えて、私たちも笑顔が増えました。
来年は、もっと行動半径が広がっていくであろうTAOちゃんを
脱走させないために頭を悩ませることでしょう。

でも、この一年は沈みがちだった私たち家族にとって
それはとても幸せで贅沢な悩みかもしれません。

元気で長生きしてくれますように!


Dscf2117


Dscf2121

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

2010年12月13日 (月)

訂正です

前の記事で、ストロンチウム89疼痛緩和治療について書きましたが
来年から開始というのは間違いでした。(^-^;

数カ所の病院で、すでに2007年から実施されているとのことです。

私にこの情報を伝えてくれた方の病院では来年からスタートするとの意味でした。
お詫びして訂正します。\(;゚∇゚)/

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

2010年12月10日 (金)

骨転移の疼痛緩和治療

先日のp-NET患者の集いで知り合った方から
耳寄りな情報を教えていただきました。
来年から開始される予定だそうですが、
新しい骨転移の疼痛緩和治療法があるとのことです。

多発骨転移の状態にある人は、日常生活のQOLを維持するためにも、疼痛緩和が欠かせません。
でも、毎日を鎮痛剤に頼る生活に煩わしさを感じたり、
徐々に服用する量が増えて行くことへの不安を感じている人も多いと思います。
私は現在のところ、一日あたりオキシコンチンを25mg使っていますが、多少効き目が不足していると感じる時もあります。
でも、何とか増やさないで維持できないものかと思っていました。

この新しい疼痛緩和治療は
ストロンチウム89というベータ線を放出する放射性物質を
静脈注射することによって行うものです。
ストロンチウム89疼痛緩和治療

ゾメタに比べて優れていると思われるのは、骨転移によって引き起こされる痛みを緩和してくれる効果が期待できることです。この治療を受けた患者の多くは麻薬系鎮痛剤の使用量が減った、あるいは必要が無くなったという報告もあります。
ただし、この治療法を受けるために必要な条件を満たしていなければならないので、主治医に相談してみることをおすすめします。

詳しくは上記のリンク先か、またはこちらをごらんください。
仙台厚生病院 ストロンチウム89疼痛緩和治療

私も、今度、外来受診の時に主治医に尋ねてみようかなと思います。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

2010年12月 5日 (日)

大祓 年越し

今年はいろ〜んなことが矢継ぎ早に起きて目まぐるしい一年でした。
まさに悲喜こもごもでしたが、
星の砂さんご夫妻やまことさんを始め、仲間の皆さんと直にお会いできた嬉しさの方が深く心に刻まれています。


年初に、私と長女はそろって厄年だったので
お祓いを受けたことをブログにも書きましたが、
その神社から、数日前に思いがけない物が郵送されてきました。

Dscf2111


大晦日に「年越しの大祓式」を行うにあたり
身代わりにお祓いを受ける人形と車の形代だそうです。

人形には名前、車の形代には登録番号を記入して送るように、とのことでした。

こうして一年間の穢れを清め、新年を清々しく迎えるという心構えは良いと思うのですが、お祓い初穂料として、一つの型ごとに1000円納めるのだそうです。う〜ン・・・・

今年の厄はいったい祓われたのであろうか?という疑問があります。
年初の厄払いで祓われた結果、この程度で済んだと考えるか、ご利益が無かったから色々多難だったと考えるか・・・
ものは考えようですけれど・・・( ^ω^ )

不運だったとも言えるし、幸運だったとも言える。
そんな一年でした。


やっぱり、幸運だったんだな。(゚▽゚*)

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

2010年12月 3日 (金)

判決

今朝は、まるで嵐のような雨風の中を病院へ。!!(゚ロ゚屮)屮
一昨日のMRIの結果を聞く為に大学病院の脳外科に行きました。

途中もの凄い渋滞に巻き込まれて遅刻。\(;゚∇゚)/

意外に早く呼ばれ、担当医の言葉を待ちました。

おもむろに、コンピュータの画面を見ながら、
「調子はどうですか?」との最初の質問。
次に、「身体の方は、今後の検査予定はありますか?」と聞かれ、
「最近の検査はどうでしたかね〜?」と更に聞かれ・・・
「全身の骨の方はあちこちあるんでしたよね・・」とだめ押し。


だんだん、不安が頭をもたげてきて、
一生懸命に検査データが良好だったことや、TS-1を服用しながら経過観察中であることなどを説明している私。まるで判決を言い渡される被告の気分。(罪状認否という、アレ?)椅子から身を乗り出し、前のめりになり担当医の口元を見つめる私。

悪い予感がし始めた・・・

そのとき、画像を呼び出しながら
「殆ど変化無いようですね〜」とのお言葉。
私も娘も、思わず「ほ〜っ」とため息をついてしまった。

はあ〜〜〜〜〜、先生、タメが長過ぎ!!!( ̄◆ ̄;)

朝の5分で寿命が縮んだ感じでした。

次回は、また2ヶ月後にMRIと外来の予約です。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »