何度も読みたい本

無料ブログはココログ

« 明けまして | トップページ | 疼痛緩和治療とPRRT »

2011年1月 7日 (金)

思い出

昨日は寒いし、疲れがたまっていたので一日中ベッドにいました。
天気の悪い日は特に、ベッドの中でミステリーに読みふけるのも悪くない過ごし方だと思う。
これは病人の特権かもしれませんね・・・

そんな一日の終わりに
思いがけず素敵なものが届きました。

マウイから帰国したばかりのYさんが送ってくれました。
可愛いシュガーエッグです。
Yさんありがとう!
とても可愛くて何度見ても飽きません。

Dscf2202

周りのデコレーションも素敵です。

Dscf2203

Dscf2204

この子もさっそく見に来ました。
おいおい、それは食べられないのよ〜(。・w・。 )

Dscf2197


このシュガーエッグはYさんとその恋人だったJさんとの合作。
Jさんは、私と同じ膵内分泌腫瘍の患者でしたが、昨年の夏に亡くなりました。

こんなお菓子を作る人って、どんなにか素敵な人だったことでしょう・・
繊細さとユーモアと、愛情深さが伝わってきます。
大切な思い出を分かち合ってくれたYさんありがとう。

Jさんのご冥福をお祈りします。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

« 明けまして | トップページ | 疼痛緩和治療とPRRT »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Yさん、本当に素敵で大切にしますね。
私からのはもうちょっと待っててくださいね・・・


ありがとう。久しぶりに覗きに来たら、シュガーエッグの写真があってビックリ。(^_^)v とても嬉しいです。
壊れずに届いたようでよかったです。毎日寒い日が続きますが、暖かくしてお過ごしください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明けまして | トップページ | 疼痛緩和治療とPRRT »