何度も読みたい本

無料ブログはココログ

« ついにアジアでPRRT実施 | トップページ | 雛祭り »

2011年2月24日 (木)

「見解の相違」と、期待がふくらむどら焼きの味?

先週の金曜日は肝胆膵外科の外来受診日でした。

採血、採尿の結果を告げるのに口ごもる主治医。
一瞬、悪い予感がし始めたけれど、単にまだデータがアップされていないだけだと・・( ̄○ ̄;)!

今の体調はまずまず。
頭の傷跡が時々じ〜んとした鈍い痛みがあるくらいだし、骨の痛みは鎮痛剤を飲めば治まっているし、不調とは言えないくらいかもしれない。
しいていえば、TS-1の服用をさぼりがちだったせいで再開するときに吐き気やめまいがしたりしたこともあったけれど自業自得。

しかし、今月の初めのMRIの画像について放射線科の医師のコメントが気になっていた私は、主治医の沈黙が怖くてたまらない・・・(゚ー゚;

コメントでは12月、2月と以前よりも頭蓋骨の腫瘍がやや増大傾向にあると書かれていた。
しかし、脳外科の担当医は、自分はそうは思わないとのこと。
放射線科の医師は専門医ではないので、見解の相違があれば実際に手術を担当した脳外科医の見解を信じるべきなのだろう。

もし、腫瘍の増大傾向があるようなら、早めにスイスの治療を受けたいと思うこと、家族とも相談していることなどを主治医に伝えたところ、そこに丁度タイミング良くデータがアップされてきた。

データは、思いがけずこれまでで一番良い状態だった。\(;゚∇゚)/

腫瘍マーカーのCEA値は毎月のように低下している。
11月8.9 12月6.9 1月5.5 2月5.0 

最も顕著なのは骨転移の指標にもなっているALP値の低下
7月23日(ガンマナイフの施術後)のデータでも、1530にまではねあがっていたのだが、
12月にようやく1070まで低下し、1月883   2月856になった。

他の腫瘍マーカー値として CA19-9は比較的正常範囲を推移していたのであまり判断の材料にはならず。
他にもP-NET特有の指標としてNSEがあるけれど、主治医曰くこれも病態をあまり反映しないのであてにならないとのこと。

全体的に見て、今はおそらく9月から服用してきたTS-1が効いていると見るべきではないかとのことだった。
一日おきの服用だとあまり副作用に悩まされずに済むので、しばらく継続しようということになった。スイスでの治療は4月のMRIの結果をみてから判断しても遅くないだろうとのこと。

実をいうと、骨転移の痛みをコントロールしながらの12時間の長旅を思うと、かなり億劫になっていたのも事実です。

ひとまず経過が良いと分かったことで内心ほっとしたと同時に、4月のMRI検査が憂鬱
もっと喜んでいいのに、心からは喜べない複雑な心境。

帰りに薬局へ立ち寄るついでに、以前から気になっていた店に入ってみた。

店構えはこんな感じです。

 Photo

すでに売り切れでした。まだ朝の10時半なのですが・・

Photo_2

こうなると俄然食べたくなるのが人情ってものですよね・・
次回の外来受診の日に買うことにして予約しました。

Photo_3


ネットでの口コミによれば、麻布十番の鯛やき屋さんで修行した人が開いた店だとか・・
さくら野百貨店の近くで鯛やき屋さんを始めたところ、どら焼きの方が評判になったのだそうです。

来月がたのしみ。
すっかり気分が良くなって幸せな気持ちで帰宅。
なんてゲンキンなんでしょう・・ ( ̄∇ ̄*)ゞ 

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

« ついにアジアでPRRT実施 | トップページ | 雛祭り »

治療あれこれ」カテゴリの記事

コメント

hirochanさん〉ここのどら焼きは超人気のようです。
前日に予約してないと買えないみたい。どんな味なのかね〜(o^-^o)

4月のMRI検査まではきちんと抗がん剤を飲まなくちゃ・・・。

食い気旺盛の左右型です!(右肩下がりの体形)
ドラ焼きに反応してしまいます。おいしそうですbirthday

検査結果はいまのところはよかったね!

YoshiGさん〉コメントありがとうございます。
ほんとにそうですね。
春には春の季節の和菓子があり、日本ならではの楽しみがあります。
季節の移り変わりをめでてこころゆくまで楽しむ・・・
年をとったせいか余計に感動します。

ふくろう猫さん、数値的にはちょっと安心というところでしょうか?痛みや、薬の副作用が少ないことを心からお祈りしています。
どらやき、いいですね。それにしても日本には美味しいものがたくさんあるので、私達は幸せだと思います。最近は美味しいものが食べられることにすごく感謝しています。
春も、もうすぐそこまで来ていますね~。(^_^)v

とり芋さん〉どらやき、期待が膨らむ一方ですよ〜。今度帰るとき一緒に食べましょう。

momijiさん〉NSEは、わたしの場合必ずしも反映していないのだそうで、主治医はあまり注目していませんでした。
ALP値の高さは肝転移のせいで仕方ないとみなされてましたし、疼痛緩和治療のサイトで骨転移の指標になることを知りました。

主治医もこの病院では一番の理解者ですが、
いかんせんNETの専門医ではなく、内分泌専門でもなく
あくまで外科医なので、あまり頼りすぎてもダメかな〜なんて思ったりしています。

ドキドキものの結果発表でしたね。
でもマーカーやALP値が下がっていてよかったです(^。^)
私はマーカーにNSEを使用していますが、休薬するとてきめんに上がるのですよ。反応しやすい腫瘍なのかも。

ひとまず安心ってところでしょうか。
来月の九州旅行大丈夫?

どらやきいいなーーーー
食べたいーーーーーーー

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ついにアジアでPRRT実施 | トップページ | 雛祭り »