何度も読みたい本

無料ブログはココログ

« バーゼルへ | トップページ | 「見解の相違」と、期待がふくらむどら焼きの味? »

2011年2月21日 (月)

ついにアジアでPRRT実施

先週、サンフランシスコ在住のまことさんより寄せられた情報です。
まことさんがTwitterで発信してくれましたので皆さんに広くお知らせしたいと思いました。

ついにアジアでもPRRTが受けられる見込みとなりました。
ただし、こちらではLu-177を核種として行う治療のようです。

それもおそらくアジアで一番整備された美しい都市、シンガポールで、です。

(私はまだ行った事がありませんが(^-^;)

シンガポール PRRT治療開始告示


記事によれば(私のつたない英語力ですので間違っていたらごめんなさい)

Peptide Recepter Radiotherapy(PRRT)は、
カルチノイドおよび神経内分泌腫瘍に対して有効な治療法の一つであったものですが、
なんと、数ヶ月後には、シンガポールのジェネラル病院核医学科において開始される予定。

それに先立っての説明会が催されるとのこと。
治療の対象、治療効果などについて事前の申し込みがあれば誰でも参加できるようです。

日時:2月24日 午後5時半から午後7時
場所:シンガポール市内 マネジメント・ユニバーシティ Sshool of Economicsにて

このサイトの右上にあるContact CNETS Singapore for event and ticket informationをクリックすると申し込みの書式が表示されます。

東京からだと飛行時間は6時間、日本との時差が1時間の都市シンガポール
しかも、世界中の美味しい食べ物が集まっていて観光も楽しそう!

どなたか参加されたらぜひホットな情報を教えてください。

またおまけ画像

いつも勝手口にやってくる「くつろぎさん」というノラ猫にとても親近感を感じているタオちゃん。

ガラス越の面会”

「おじさ〜ん、会いたかったよ〜。」

 Dscf2356


「おう、坊主、ずいぶん成長したな〜」

「早く帰ってきて〜!!」


Dscf2357

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

« バーゼルへ | トップページ | 「見解の相違」と、期待がふくらむどら焼きの味? »

PRRT治療関連」カテゴリの記事

コメント

ランナーさん〉交流会は本当に賑やかで有意義な場になりましたよ〜。
帰りの時にはみなさん和やかで明るい顔でした。
ランナーさんが参加されなかったのは残念でしたが、ご示唆いただいたように、これをきっかけに各方面に働きかけもして行きたいものですね。
サリーさんにもお伝えします。

ランナーさんの治験が良い結果が出ますように。
今後の経過、また詳しく教えてください。


10月15日の「患者会」、ふくろう猫さんも遠くからご参加されたのですね。たくさんの仲間が一同に会し、有意義であったことと推察し、喜んでおります。今後、この会が発展することを祈るばかりです。PRとしては、この会を開催する過程と、当日の様子、今後に行政や医療機関に求めたいこと、などを簡単にまとめ、「記事提供レポート」として、新聞社や報道機関、行政機関に提供するとよいと思います。私は、ストレプトゾトシンの治験の初回投与の退院日だったので「入院疲れのため」参加できませんでした。皆さん、少しでも私たちの病気に対する医療の選択肢が増えるよう、また支えあって生きていけるよう、頑張りましょう。

hirochanさん〉シンガポール、一度行ってみたいもんです・・。
実は、タオちゃんは外の猫さんの大きさの半分くらいしかないんですが、
カメラアングルで大小が逆になりました。

あこがれのおじさん・・

おおーーすごいですね!
シンガポールでできるようになるなんて。
そのうち日本でもできるようになるとgood

タオちゃん大きくなっていますねhappy01

こちらはきょうから春の天気ですよsun

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バーゼルへ | トップページ | 「見解の相違」と、期待がふくらむどら焼きの味? »