何度も読みたい本

無料ブログはココログ

« はまってます | トップページ | 意外な防災グッズ »

2011年4月29日 (金)

地球のなおしかた

福島の原発事故以来、本棚から引っ張りだして読んでいます。
レイチェルカーソンの「沈黙の春」と「センスオブワンダー」

あれからもう数十年もたつんだな〜・・
私はなにかを学んで変わったかしら??

あらためていまだからこそ考え直してみたいと思いました。


映画『レイチェル・カーソンの感性の森』公式サイト


レイチェルカーソンの「感性の森」予告編


仙台では、震災の後シネコン系の映画館は復旧が未定です。
なんとか頑張ってるミニシアターで上映してくれないものか・・・


これもぜひ見たい!
セヴァンの地球のなおしかた」

覚えている方もいるかもしれませんが、セヴァンとは、1992年にリオデジャネイロで開かれた地球環境会議で、感動的なスピーチをした12歳の女の子セヴァン・スズキ。

「なおし方がわからないのなら、もう、これ以上壊すのはやめてください。」と、大人達に向けて訴えたセヴァン。
29歳のもうすぐ母親になる彼女から、私たちに向けたメッセージとはどんなものか。今、この時期にタイムリーな映画だと思うのですが、いかんせん、見れない!!!(。>0<。)


そして「100,000年後の安全」
10万年なんて、想像もできない遥か遠くの未来です。
こちらは、東北に住む私たちだけでなく、原発の放射性廃棄物がどのようなものなのかを知る為にも見るべき映画ではないかしら。

本作品はフィンランドのオルキルオトに建設中の、原発から出る高レベル放射性廃棄物の最終処分場"オンカロ(隠された場所)"と呼ばれる施設に、世界で初めてカメラが潜入したドキュメンタリー作品です。高レベル放射性廃棄物は安全な状態になるまで、10万年間かかると言われています。フィンランドでは、固い岩盤を掘削し地下500メートルにまるで地下都市のような巨大な施設を、自国の原発から出る放射性廃棄物の最終処分場として作る事を計画しています。現在の段階では正式に運用されるのは2020年を予定しています


私は、未来の人類がどんな形で掘り起こしてしまうかもしれないと思うと、この予告編だけでも怖くて身震いがしてきました。

映画『100,000年後の安全』


ここは21世紀に処分された放射性廃棄物の埋蔵場所です。
安全な所に保管する必要があります。
決して入らないでください。

放射性物質は危険です。
透明で、においもありません。
絶対に触れないで下さい。

地上に戻って、
我々より良い世界を作ってほしい。
近づかなければ安全です。

幸運を。

マイケル・マドセン(監督)

« はまってます | トップページ | 意外な防災グッズ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« はまってます | トップページ | 意外な防災グッズ »