何度も読みたい本

無料ブログはココログ

« 意外な防災グッズ | トップページ | 未知の世界 »

2011年5月12日 (木)

2代目灰色猫の受難の日々

いつまでも子猫だと思っていたけれど、5月10日で我が家の灰色猫は生後7ヶ月になりました。

昨年の10月のこと、丁度この子達のお母さん猫が出産の最中に、
成田のブリーダーさんのところでは地震に見舞われたそうでした。

5匹の子猫が生まれたのに、
毎日一匹づつ次々に死んでしまい、2匹だけが生き残りました。
そのうちの1匹が我が家のタオちゃんです。
なぜか大きな地震に遭遇してしまう運命なのか・・


震災の後、落ち着かない日々を送っていたので先延ばしになっていたのですが
やはり、生後半年近くになると奇妙なだみ声をあげつつ走り回っていたり
外の世界への興味も一段と強くなっていましたし
時々やってくるノラ猫さんの姿を、
どこまでも追い求めて、窓から切なく見つめていたり・・

先日、ついに、とうとう○○手術を受けさせることにしました。

Photo

病院ではとっても良い子。
騒がず、おとなしくしていました。


Photo_2


帰宅してしばらくはパニクってました(@Д@;
エリザベスカラーをぶつけまくり、
頭が重いのか、赤ベコみたいに首ふりふり歩いてました。

ご飯食べるときや毛繕いの時には
このやっかいなエリザベスカラーをはずしてあげるとこの通り。
ちょっと疑り深い目つき(`ε´)

Photo_3


順調に傷がなおりかけたある日、事件が起きました。

2階のベランダの柵に飛び上がれるようになったのですが
なんだか足下がおぼつかない感じでした。ジャンプ力に問題あり。

そして、とうとう、柵を飛び越して落ちてしまった!!

ちょうど庭仕事をしていたおとうさんの近くにドサリ!!ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

本人は何が起きたのか分からなかったみたいでしたが
念のために翌日病院へ。
丁度、抜糸のタイミングだったので身体を調べてもらったのですが
特に骨折もひどい打撲もしていないもよう。
ただ、腰骨のあたりにぽっこりとふくらみが出来ました。

様子をみましょうとのことでしたが、
今のところ何の支障もなく走り回っています。
相変わらずジャンプは下手っぴ。

なにか欠陥があるのかしら・・

でも、たとえ欠陥があったとしても、
ほかに代わりはいない可愛い我が家の家族の一員です。


抗生物質の薬もうまく飲めました。

Photo_4

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

« 意外な防災グッズ | トップページ | 未知の世界 »

2代目灰色猫」カテゴリの記事

コメント

そうなんだー。
うちの猫も添い寝してしばらくすると自分の寝床に行ったりするね。大志さんが「十分からだをなでさせたからもうよかろうって、自分の寝床に行くんじゃなかろうか?」って言ってたのも
寝かしつけ行動と重なりますねーhappy01うはは。

hirochanさん〉ふふふ・・・カブちゃんおかしいな。(*^m^)
寝かしつけ行動、前の灰色猫たいちゃんもそうだったよ〜。

ある程度の年になると、猫の方がお母さんになるのか?
添い寝してくれて、こっちがうとうとし始めるといなくなるの。
寝かしつけてるとしか思えないのね・・( ^ω^ )

タオちゃんなんともなくってよかったーーーcoldsweats01
sunきょうは久しぶりに良い天気です。台風の影響で
どんよりしてました。
うちの猫も9歳となりました。えさもそれなりのを買わなくては。
最近よーく観察してると、私達になにか訴えるような表情と鳴き声をするときがあります。夜の9時をすぎたころ。
「2階にあがって寝なさいよーー」って言ってるような気がします。
私達を自分の子供と思っているのでしょうか?
贔屓目(親馬鹿)だろうかと思ったりもするけど
毎日同じ行動をするところからそう思えて仕方ありません。
また時間をおいて寝たところを見にも来ますし。
おかしいよねーcat

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 意外な防災グッズ | トップページ | 未知の世界 »