何度も読みたい本

無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月28日 (火)

ラクチン料理

先日、ずっと買おうかどうか迷っていた調理器具(スチームケース)を、清水の舞台から飛び降りたつもりになって(大げさ??)思い切って購入しました。\(;゚∇゚)/

楽天のサイトでトレイ付きでほぼ半額だったので、
我が家の分と、共働きの次女のために2つ購入。

届いたのはこちらです。元気になるように赤。


Photo

さて、昨日はいよいよ料理に挑戦してみました。
ビーフストロガノフです。


(こちらの写真はルクエを使ったレシピブログの著者りかりんさんのブログより転載)
Lekue20101121t12_43_102


なんと、材料を切ってチン、また新たな材料と調味料などを入れてチン、最後にもう一度ルーと水を入れてチン。全体で、たったの7分くらいでできました。


味は、ちょっと塩加減が多めになってしまった以外は大変美味しくできました。(*^ω^*)ノ彡
しかも、炒めるためにバターなどを使わないのでカロリー控えめに作れます。

長時間台所に立つのがつらい時でも、これなら美味しいものが手軽に作れて大助かり!!


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

2011年6月23日 (木)

エンプティーテーブル

今朝、偶然に見つけ、とても胸を打たれた記事がありました。
「エンプティーテーブル」
ぜひご紹介したくてアップします。

O0440029011197892384


毎年、各地でガン患者とその家族や医療関係者たちが行っているガンへの啓発活動に
「リレーフォーライフ」という催しがあります。
私は一度も参加していないので、内容を知りませんでした。

そのイベントの最後のセレモニーがこちら。
エンプティーテーブル

静寂な場所に置かれたひとつのテーブル

詩が朗読されます。

空っぽの椅子、白いテーブルクロス、グラス
一輪のバラ、テーブルに撒かれた塩、レモン、キャンドルが置かれています。

すべてに意味が込められ、祈りが添えられています。

ガン患者ひとりひとりの闘病の道のりを象徴するものがこのテーブルに表現されているのだそうです。

これを紹介して下さっているのは、肺がんと共に生きるしゅんさんです。
元々は海外で行われていたものだったそうですが
2008年から横浜でのリレーフォーライフに取り入れたのが始まりだそうです。

希望の光と名付けられたルミナリエはこちら
lルミナリエ


今年、みやぎでは私の住まいの近く富谷町で開催されるとのこと。
ルミナリエだけでも行ってこようかしら・・


ご都合のつく方は近くの会場で参加してみませんか?


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

2011年6月20日 (月)

画像診断の限界

猫の話題の前に検査続きだと書きました。
その結果はどうなったのか、報告です。

先月末に、上顎部から腹部にかけて久々のCT
胸椎、脊椎部にある多発骨転移腫瘍の増大、圧迫骨折の疑いという読影リポート。
その為、整形外科を受診し、胴体部分を胸椎から脊椎、腰椎、大腿骨、骨盤までのレントゲン撮影、
次週にはほぼ同じ部位のMRI検査となった。

レントゲンとMRIでの所見は
胸椎、脊椎に数カ所の圧迫骨折や変形が見られる。
にもかかわらず、しびれや麻痺が無いのは、
おそらく抗がん剤が奏功しているためと思われる。(◎´∀`)ノ

仮にしびれがあった場合、
骨セメントや金属で補強するなどの外科的処置は、腫瘍が多発していて健康な骨が無いので不可能。
抗がん剤が奏功している間は、骨の破壊が食い止められているので、今後も様子を見て行く。
もし、痛みが強くなったり、しびれや麻痺が起きたら
現在の主治医の判断により、化学療法や放射線治療を検討する。

この合間にはもうひとつ懸念されていた頭蓋骨腫瘍のMRI
読影リポートによれば、前回と比して著変なし
しかし、前頭部に2カ所気になる影が見られるとの事。w(゚o゚)w

これは、担当医の説明によると
画像を鮮明に見せる処理のときに、頭部の脂肪分を描出している部分を除去した画像処理をするのだそうだ。それがうまく除去できずに残存しているだけかもしれないとの事。

一応念のためにもう一度MRI検査することになった。

一ヶ月半後に、再検査。( ̄‥ ̄)=3

どうしてもコンピュータの画面で処理された画像を見て診断しているため
どれくらい正確に表示されているものなのか、ちょっと心配になった。

来月は、またまた、工事現場で掘削工事です。(。>0<。)

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

2011年6月15日 (水)

未知との遭遇

灰色猫タオちゃんは6月に入り8ヶ月になりました。
シャルトリューという猫はほぼ3年で完全な大人になるそうですから、まだもうちょっとの間、子猫の状態なんですね。

完全室内飼いで、と、決めていたものの、外の世界への憧れが日に日に増している好奇心旺盛なやんちゃ盛り。
台所の窓越しに見えるこんなのや、あんなのをもっと見たい、近くで匂いを嗅ぎたい!!


Dscf2357


Rimg0619_2


2階のベランダに出して遊ばせたのが間違いでした\(;゚∇゚)/


233951733_2

雪で遊んでいたころはまだ可愛いものでした。
その後、とうとうベランダの手すりに飛び乗れるようになり、ついに屋根の上に。
(ここは手すりからひとっ飛びで降りられる玄関の屋根。)

9639e704fffd4cea91b6ac173f13b617__2

そして、毎日屋根の上で運動会を繰り広げているうちに、どこかから落下。!!(゚ロ゚屮)屮

ベランダ外出禁止令。

そうすると、こんなことをして網戸とガラス戸の間にはさまってみたり


3998c5bd68bf40d290a33a6a00bb3d91_7

こたつに逆さでぶら下がって筋力トレーニング中??

E14fa060bd5e4416b93e3d8a974f6a8e_7


しまいにはどこに行くにもついてくる始末。(トイレやお風呂場の前で待ち伏せ)


8aae410df1344e0292e843da2a5b233f_7


もう〜〜〜〜しょうがない!!!
リード付きで散歩してやるか〜〜〜〜〜゚゚(´O`)°゚

一大決心をして、ハーネスを購入。

Efd307740515474488462694c225f8c3__2

ところが、にゃんと!あっさりと脱ぎ捨てて逃走!!∑q|゚Д゚|p
サイズがちょっとブカブカだった・・

もうちょっとタイトなものに変更。


963373873bd2429ea2d248bbb519ca57_7

意気揚々と散歩を楽しんで・・蜂に猫パンチ!!
慌てて前足をなめていたので多分・・

しばらくして、こうなりました。
ちょっとわかりにくいでしょうか?右の足が膨らんでます。


Photo

ちなみにもっと顕著な猫さんだとこんな感じに・・


Photo_2


そして、ついにあのひとと遭遇しました!!
ご近所猫ジャント君です。(去勢ずみのオス猫)

0fd563af8e2f4de886a034514b679d08_7


この日、一触即発・・的な雰囲気まで行きましたがお互いに戦意喪失。
縄張り争いより、一緒に遊びたいタオちゃん。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

2011年6月10日 (金)

検査連チャン

6月は検査と外来の予約が相次いでいます。

3日は肝胆膵外科の外来でした。
その場で、8日の整形外科の外来を予約となりました(ρ_;)

というのは、先月の30日に撮ったCT画像の読影リポートで、昨年の6月4日撮影のCTに比較してみると骨転移腫瘍が増大傾向にあると書かれていたためです。え〜ん。゚゚(´O`)°゚

実は、昨年の5月の時点ですでに胸骨のつぶれを指摘されていたし、5月末には激しい頭痛に襲われて頭蓋骨への転移が分かり、6月中旬に頭蓋骨腫瘍の切除手術、その後7月にガンマナイフ。
8月にかけて右足の大腿骨小転子にも転移し、ほぼ腕と足を除くほぼ全身に骨転移が広がったという経緯。
6月から8月にかけて、ALP値が1500台にまで急上昇していました。
しかし、今現在ALPは500台に下ガリ、他にも腫瘍の増大を示唆する数値は特に見当たらず。

肝臓、膵臓の腫瘍もむしろ縮小傾向とのリポート。矛盾するなぁ・・・

なので、おそらく放射線科医の見解は比較すべきタイミングがずれていると思うけれども・・・
一応、念のためにも専門医の診察をしてもらおうということになった訳です。

8日  整形外科受診
これまでの経緯、簡単な身体の曲げ延ばし、両手足の関節を叩いたりしてチェック。
その後、レントゲン撮影をしてから帰宅。

10日 頭部MRI 9時の予約。受付のお姉さんに、15日の分もまとめて一度に受けられないかと交渉してみるが、ダメだった(;;;´Д`)

頭部だけでも30分かかるので、胸椎や脊椎の分も撮るとなると時間がかかりすぎて造影剤の滞留時間を維持できないとの事。

はぁ〜、しょうがないな〜( ̄◆ ̄;)


14日  朝9時 脳外科外来  一旦帰宅してから出直す。
    午後3時40分 MRIの予約

15日 午前11時整形外科外来

ウワ〜、目一杯!!

こちらは外遊びに大喜びで、蜂を猫パンチした肉球。

Img_0949

翌日、ずいぶん腫れちゃって手の大きさが2倍くらいになってましたが、本人はへいちゃら。


79d7bd46c7aa43a78984b9acb5781aec_7


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

2011年6月 2日 (木)

日本も続け!!承認続くFDA

1000年に一度の大震災のあと、天候不順が続きました。
この時期には珍しく台風が発生したり
例年より10日以上も早く梅雨入りしたり・・


灰色のこのひとはこんな風に過ごしていました。
労務管理(?)

(ロールスクリーンの向こう側よりじっと見つめる)

F301f33c960a43858b99dc21832cf5a5_7


あるいはPCのチェック


Fb7fa5e350ef4276b21499812c9f64f3_7

こういう気候だと、病気の人はいつも以上に身体が思わしくない時が多いかもしれません。
私も、朝は特に痛み止めの効果が切れているので
首、肩甲骨、背骨がきしむ感じでした。
上腹部の痛みもずっと治まっていたのに
食後にしくしく痛み始めてみたり、その後トイレに駆け込んだり・・(汗)

またあの悪夢のような日々が戻りつつあるのか、と、不安に駆られたりしましたが、
天候やストレスのせいだったのか、胃薬を飲んでみたら治まりました。


そんな状態でしたが、
数人の方からしまうま倶楽部のHPにメールを頂いており、
カルチノイドと神経内分泌腫瘍の新しい仲間が増えていました。

その中のお二人はブログを書いておられます。
リンクを貼らせていただきました。

エブリンさんのエブリンのlightな毎日
サリーさんのカルチノイド腫瘍と闘う!

サリーさんからは、ブログ上で「患者交流会を持ちませんか」との提案があります。
関東圏の方は勿論、参加希望の方は
サリーさんのブログへコメントするか、
私あてでも結構ですのでぜひ連絡をくださいねo(*^▽^*)o

さて、期待されていた新薬の情報ですが
5月は相次いで、アメリカFDAが膵内分泌腫瘍の治療薬を承認したとのニュースが入ってきました。

SUTENT(スニチニブ)
http://www.cancerit.jp/2011-05-24/2919.html

そしてエベロリムス(アフィニトール)
エベロリムス承認


こちらは消化管神経内分泌腫瘍に対するサンドスタチンの適応申請です。
サンドスタチン適応申請

アメリカでの朗報が続々と聞こえてきます。
日本の患者と家族にとっても、一日千秋の想いなのに!!!(u_u。)

日本での承認が一日も早く待たれます。

ところで、『膵臓がん』の患者さんとご家族のみなさんにはひとつ嬉しいお知らせがありました。
4月にはPANCAN japanより、膵臓がんへの承認を求める署名への呼びかけがあり、その努力が報われて厚労省審議会で承認の見通しがたちました。
早ければ来月にも承認されるもよう。

タルセバ承認へ

そして、
ついに、灰色猫さんは散歩デビュー!!!

Efd307740515474488462694c225f8c3__2

この顛末について、詳しくは、また!(^-^;


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »