何度も読みたい本

無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月28日 (木)

夏の怖い話

火曜日の26日は、脳外科を受診。
20日のMRIの結果は、どうやらガンマナイフを再び検討する方向に。
早ければ今日明日に担当医から電話があるとの事です。( ̄◆ ̄;)

会計の待ち時間に、同病のSさんとお会いしました。

Sさんは2005年に膵頭部を切除しています。
最近ではインシュリンの分泌不足による高血糖と高血圧に悩まされているとの事。
同じく膵臓を切除したMさんも同様の悩みを抱えていると耳にしていましたので、余計に気になりました。

ただでさえ小さくなった膵臓に相当の負荷がかかっているので、インシュリンの分泌を促す薬を使う事に慎重になってしまうというSさん。

Mさんは、タウリンがインシュリンの分泌を促す作用があるというので、イカやタコを積極的に食べているらしい・・と話すと、S氏も同じ事を考えていたそうでホタテの貝柱をせっせと食べていたんだとか・・・
あんまり美味しいので、家族みんなが手を出してくるし、やめられないのが難点だなんて。( ̄▽ ̄)

タウリン・・・私にとっては猫の目の輝きと被毛の美しさを保つ栄養食品という認識でした。
あらためて調べてみると素晴らしい効能があるようです。
牡蠣に最も含まれているのですが、三陸の牡蠣はしばらくお預けですね・・


それから、話は変わって
福島の原発事故以来、放出されていた放射性物質の核種に
がん患者にとっては聞き覚えのあるものが色々あったね・・・とSさん。

ストロンチウム89といえば、多発骨転移の治療に用いられる核種です。
それからルティシウム・・なんかもバーゼルでのPRRTに用いられる核種でもあり。


福島では今後数十年位わたる低線量被爆の被害(つまり広範囲にわたるがん患者の発生)が心配されていますが、一方ではその放射性物質によって、(なんと皮肉なことに)ガン患者は恩恵を受けているという事実もあるのです。


私が「多発骨転移だし、いっそのこと海水浴でもしてきたら骨にストロンチウム取り込まれるかな・・」
冗談を言ったらすぐさま
「海の底には、津波で亡くなった人いるんだよ〜〜」と脅かされました。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

一気に気温が下がった感じがしました。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

2011年7月25日 (月)

鰹が食べたい

先日の不調について、皆さんからご心配のコメントやメールを頂きました。
本当にありがとうございました。

結局、翌週の火曜日には大学病院を受診したのですが
その時点では尿はきれいで潜血反応、蛋白も出ていませんでした。
腰の上の腎臓のあたりの痛みも薄れていたので、
もしかしたら、尿路結石だったかも・・・という推測でした。


ほんとうにご心配おかけしましたが、今は復調しています。

ただ、関連しているのかどうか、相変わらず肩甲骨の下が痛んだり、胸が詰まるような感じになったり
訳分からん痛さとは付き合い続けています。
痛み止めのオキシコンチンを一日3回服用に変えて、ロキソニンを服用して補ったりしています。
徐々に痛みそのものは薄れて行く感じではありますが・・


それはさておき、
昨日の日曜日、夕飯のおかずに鰹のタタキでも・・・と思い立ち
夫に買い物を頼んだけれど、午前中には店頭に無くて、
夕方仕事帰りにもう一度立ち寄ったけど、やはり置いてなかったとの事。
仕方なく、あいなめとタコのお刺身で晩ご飯。

これが食べたかったのにな〜〜(ノд・。)

Images2

復興しつつあっても、まだまだ市場や浜が壊滅的な打撃を受けたわけで
気仙沼、女川、石巻といった漁港での水揚げが無い状態。
もし、揚がったら一番に築地の魚市場に持って行かれちゃうんですって・・・・・


石巻育ちの夫は、カツオはタタキよりも刺身で食べる人。
新鮮で味の濃いカツオがまた食べられるようになるのでしょうか・・

Images_2


今日は、魚屋さんが出店しているところに行ってみようっと。

タオちゃんは一昨日の散歩でまた蜂に刺されてました。

朝、たぶん刺されていたんでしょう。この日は夕方までずっと寝ていました。


Cdb0bcd2558d4c11927dce8942f2f490_7


ちなみに普通の顔はこうなんですが、分かりにくいかしら?


0c04f4dc165e48829a95c937758b67a4__2

940157045a6647a98c390be3946af48e_7


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

2011年7月16日 (土)

痛みは突然に

それは本当に突然やってきました。

たしか月曜日の夜だったか・・・
いつも以上に湿度の高い寝苦しい夜、ひんやりジェルマットを敷いて寝ていても堪え難い寝苦しさ。

頻繁に寝返りをうち、仰向けから横向きになろうとすると肋骨が痛み、息苦しいほどに感じるのですぐに仰向けになって寝ようとするものの、今度は脊椎の両脇が痛い・・・・

なのでまた性懲りもなく横を向こうとするけれど、脇腹の痛みが強くてちょっとの間も我慢できず。しまいには腕の重ささえも痛みが増す。
なんとか少しでも眠ろうとしてまた仰向けになるという、にっちもさっちもいかない輾転反側を一晩中繰り返していました。(´Д⊂グスン
 
翌日も結局一日中身体中が痛み、それだけでなく、右足を動かすと激痛が走るようになってしまった!
丁度一年前の今頃に多発骨転移が進行していた時のような状態。

これは、どういうことなんだろう??
一年も経ち、病的骨折も起こしている骨が幾つもあるし、これまでのように持ちこたえられなくなってしまったんだろうか・・・
それとも・・・何らかの新たな病変が起きているのか???
自分の身体に起きているのがどういうことなのか、見当がつかない。
暑い中、大学病院まで行く気力も失せてひたすら寝てやり過ごし、夕方にはオキシコンチンを少し早めに服用。

翌日もまた同じように身体中が痛み、倦怠感もひどくて少しでも横になりたい。
昼に、もしやと思って体温を測ってみた。ビックリ〜!!38度8分。これは高熱だ。

手持ちのロキソニンを飲んで少し眠った。
夕方になりかなり痛みが軽減して熱も下がっていた。
右足の激痛も、熱が下がると軽減。ということは骨自体が原因というより、他に原因があるということか・・どこかに病変が起きているが、胆管や胆嚢炎ではないらしい(右の上腹部に痛みは無い)

この2〜3日で思い当たるのは左の腰の上の鈍痛、もしかすると、もしかすると、腎盂炎??
細菌が原因だとすると、抗生物質が必要。
大学に行くか、それともかかりつけのS医師に診てもらうかで悩む。

できれば入院設備のある大学病院が望ましいのだろうけど、予約外で受診すると待ち時間が気が遠くなる・・・横にもなれずに痛みをこらえながら待っているのは到底無理。あまりにも苦痛だ。
S医師を受診することにして、とりあえず手持ちの抗生剤フロモックスを服用した。

寝る前に用を足したら、小さな白いものがふわふわと漂っていたが、紙の切れ端かとも思いそのまま流してしまった。
土曜日(今朝)にようやくS医師を受診。採尿してコーラ色をしていたのに自分でも驚いた。
案の定、血尿、蛋白尿、白血球もプラスで、腎盂炎か膀胱炎だろうとの事。左の腰の上に鈍痛があるので、抗生剤の点滴をすることになった。

抗生物質のクラビット、ロキソニン、胃の粘膜保護のオメブラールを処方された。
連休後の火曜日、再受診することとなり帰宅。(゚ー゚*)。oO 
やはり尿路感染だったことが判明したし、クスリがあるので一安心。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

2011年7月11日 (月)

親ガモ・小ガモ救出作戦

今朝、とても心温まる出来事がありました。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙


今朝、猫の散歩も終えて一息ついていたころ、
近所に住む友人の○○さ〜ン、○○○・・・という声がして、夫が出て行き、それから間もなく裏庭の方で、なにやら聞き慣れない啼き声がします。もしかして、裏の犬がどうにかしたのかといぶかっていたら、そこにカラスの騒ぐ声も混じって大騒ぎ。

2階の窓から首を出すと、私に向かって見知らぬおじさんが話しかけて来たではありませんか・・

「子供のハモ、ここさいてやんだけどもヌコにみつかってはえれ〜ことになるべし・・」とかなんとか

ハモ??何だ??

よく見るとおじさんは手の中に何かのヒナを持っています。ぴ〜ぴ〜凄く大きな鳴き声。


7d22ce3159c440d792c21c2e82574659_7


おじさんが言うには、小ガモが5羽、近くの土手の側の排水溝に落ちていたんだとか。
そばに親ガモがいて見守っていたとか。
どうやら、一羽ずつすくいあげているうちに
親ガモと他の小ガモ4羽が行方不明になったらしく、おじさんは困り果てていました。

どう考えても、水鳥の鴨にとって安心できる場所といえば近くの池・・
二人で池まで小ガモを放しに行きました。

途中、二つの池のどちらに行ったらいいか迷う私たち。
すると、犬連れのおじさんに「お宅の旦那さんが水神にカモ達を連れて行ったよ〜」と言われ、私たちはほっとして水神に直行。

でも、どこにも親子のカモの姿が見当たらず、不安になってきました。
小ガモが精一杯声を張り上げて啼いているのに何の応答も無し・・

池の水辺にはフェンスが張り巡らされていて、水に放すには遠すぎる・・

夫はいったいどこからカモ達を放したんだろう・・電話で確認すると、
「あ〜、カモ達はね、水に入ったらすぐに小学校の近くにある排水路のあたりまで泳いで行ったよ〜。
そっちに近い方に放して上げたらいいんじゃないの?」

そうか、あっちまで行くのか〜・・・ちょっと歩くなぁ〜・・・
心の中でそう思っていたら、おじさんが「後はじぶんが行くがら、いいです〜」と。
ここで私は離脱。

木立の中を行くおじさん(かなりピンぼけ・・)

Img_0722_2


家に帰り、夫に顛末を聞きました。
すると、友人の○子さんに「子連れのカモが歩いてるけど、カラスが狙ってるからお願い〜!!」と頼まれちゃったそうな・・
○子さんは仕事に行く途中だったので、やむを得ずうちに駆け込んだらしい。

夫が見たものは、親ガモとその後についてよちよち歩く小ガモが4羽ヽ(´▽`)/

仕方ないので、親子の後からついて行ったのだそうです。
親子は、歩道をゾロゾロと確実に水神の方角に向かって歩く様子。そして、その後からついて歩くおじさん・・( ̄▽ ̄) あ〜、写真撮りたかった!!!

ところが、あともう一息、というところで犬連れのおじさんと遭遇!!w(゚o゚)w

親子のカモは、慌てて反対側の歩道に行こうと車道を渡り始めたので、さあ、たいへん!
夫は車道に立ち、親子が渡り切る迄、車に待ってもらったそうです。

幼稚園の先生から「まあ、可愛い!お宅で飼ってらっしゃるんですか?」などと尋ねられたりしながら
どうにか無事に水神に到着。

歩道から、草むらを横切って階段を下りて、フェンスの下から水に入って行ったそうでした。

やれやれ・・・・無事に親子は再会できたんでしょうか??
たぶん、大丈夫でしょう。

救出したおじさんをはじめ、たくさんの心優しい人達に出会った朝でした。

それにしても、なぜこんなに水辺から離れた場所で親子のカモが歩いていたのか・・謎です。

もしかしたら、土手の草むらの中に巣があって、今日は小ガモが巣立ちをして水辺に行くという、その日に遭遇したのかもしれません。

とにもかくにも、小ガモが全員無事で良かった。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

2011年7月 5日 (火)

グリーンカーテン

我が家のグリーンカーテンは、苗を植えたのが5月下旬でしたから、あれからひと月とちょっとが経過しました。今、こうなっています。

Dscf2453_3


ここは西日があたって暑くなる打ち合わせ室。
でも、苗の生育に必要な日差しが足りないかも・・
摘心のタイミングが遅くて少しひょろひょろしてます(゚ー゚;


それからこちらは友人にもらったすいかずら
こちらは東側の窓下に置きました。

Dscf2456

可愛い小さな白い花

Dscf2457


そしてこちらは、もうすぐ収穫できそうな枇杷
私は九州の出身で(松○大臣じゃないけど、O型ですが)枇杷が大好き!!
いつ熟すのか、小鳥と競争して見張っています。


Dscf2455


そしてこちらは
雨にも負けず・・夏の暑さにも負けない猫
(毎日、朝、夕の散歩が日課になりました)

Ec7804bdbb6c45d9b75f45768c539102_7

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »