何度も読みたい本

無料ブログはココログ

« 猫のトモダチ | トップページ | 地球のなおし方 »

2011年8月29日 (月)

PRRTについての補足情報

春以降、私の管理しているサイトしまうま倶楽部のHPから、メールでの問い合わせを沢山いただいています。
その殆どは、PRRTという治療法についての質問でした。

それぞれの方とは、メールでやりとりをしていましたが、
どの方も、知りたいと思われていることは共通しているようなので、少しここで補足したいと思います。

PRRTの概略については、しまうま倶楽部のHPからご覧いただくとして

この治療法を実施している病院は、スイスだけでなく、スエーデン、イタリア、ドイツ、オランダとなっています。アジアでもシンガポールのゼネラル病院で近々実施の予定との事です。
ゼネラル病院についてはこちらをご覧下さい。

ついでに、どんな病院なのか、いくつかの記事も参考までに。
シンガポール ゼネラル病院

メディカルツアー/シンガポール ゼネラルホスピタル
シンガポール/ゼネラルホスピタル訪問記

また、アメリカのテキサスの病院でも治験が行われており、実施に向けて準備中です。


これらの病院の中でも、患者向けと医師向けの詳細な情報を公開しているのがドイツのバードベルカ。
そのHPがとても分かりやすいのでぜひご覧下さい。
ここの医師がシンガポールでのPRRT実施に向けての講演などを行っています。

原文は英語ですが、右側に言語を選ぶところがあり、japaneseを選ぶと翻訳されたものが表示されます。かなりへんてこな日本語ではありますが、概要は理解できるのではないかと思います。

バードベルカのことを「悪い」ベルカなんて訳してますが・・(汗)\(;゚∇゚)/

ドイツ/バードベルカPRRT情報


Th_


私の場合は、もう、他に手が無いという状況にあったので、自分の幸運を信じる気持ちでスイスでの治療に臨みましたが、果たしてすべての患者にとってベストの選択なのかどうか、私には分かりませんし、どうすべきかを尋ねられてもお答えする事はできません。
あくまで、ひとりの患者として、自分の体験してきたことをお伝えすることしかできないのです。

今後、PRRTを一つの選択肢として考えようとされる方に心に留めていただきたいことがあります。
それは、海外での未承認治療を受けるという事は、言ってみれば、治療が有効でも無効でも誰も責任を負ってはくれないという事です。
すべてはご自身の責任の範囲で行うということ。
往復の旅の間も、体調管理は自分自身でしなくてはなりませんし、戻って来てからのフォローを現在の担当医が引き受けてくれるのかどうか、はっきりと確認しておく必要があります。

また、費用もバカになりませんし、
すでに転移した状態で治療を受ける場合は、この治療を受けても完治できないであろう事や、一度で済むとは限らないということも心に留めておいて下さい。


ちょっと話題が重くなりました。

ああ、できたらこんなところでほっとしたい!!

00004221_1

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

« 猫のトモダチ | トップページ | 地球のなおし方 »

PRRT治療関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 猫のトモダチ | トップページ | 地球のなおし方 »