何度も読みたい本

無料ブログはココログ

« 見守られている | トップページ | PRRT4回目の旅2成田からバーゼルまで »

2011年11月20日 (日)

PRRT4回目の旅 1(出国まで)

帰国してからも更新ができず、ずいぶん時間がたってしまいましたが
おかげさまで無事にバーゼルでの治療を受け、帰国する事ができました。

出発間際の11月初め、胸骨や肋骨が痛み始め、
しまいには腰椎まで痛みが出てきて、上体を起こしているのも辛いありさま・・・

こんな状態でスイスまで行けるだろうかと不安が募っていました。
とにもかくにも、痛みを抑える為にオキシコンチンを増量して対処。
今迄、朝夕10ミリずつだったものを15ミリずつにしたり、中間でロキソニンを服用してみたがあまり効かないようで、そのうちに胃が荒れたのか戻してしまったり・・・

2日ほど我慢して、腰の痛みが治まらないので近所のかかりつけ医に相談して座薬を処方してもらいました。ボルタレンサポ50ミリ。胃薬も処方してもらえました。
これが以外に良く効いてくれて、腰痛や骨の痛みが抑えられたのです。

明後日は出発という日の朝に、その時の体調によって決行か中止かの決断をしようと思いました。
痛み止めと座薬の併用でなんとかしのげそうな感触。

5日、仙台駅まで夫が車で送ってくれ、駅では事前に依頼していたので車いすがお出迎え。
新幹線で東京までは格安チケットでグリーン車。椅子のリクライニングも快適。足乗せもあって楽に移動できました。乗り換えも次々と車いすが出迎えてくれてスムーズに乗り継ぐことができました。


Toricotori

成田で前泊し、チューリッヒ迄の直行便スイスエアラインズを利用。
チューリッヒで一泊し、翌朝電車で移動して入院。
退院したら、また電車でチューリッヒまで移動し一泊。翌朝の飛行機で帰国。
今回は、あちらでの滞在は再短時間というスケジュール。

はたしてこんなハードなスケジュール、耐えられるのか???
つづく


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

« 見守られている | トップページ | PRRT4回目の旅2成田からバーゼルまで »

PRRT治療関連」カテゴリの記事

コメント

きつねくまさん〉ありがとうございます。
車いすの送迎は、体調に不安のある人はぜひ利用するべきです!
どれだけラクチンなことか・・・

日本の鉄道は丁寧で親切でこちらが恐縮するくらいでした。
出発する電車を見送ってくれてました。

ふくろう猫さん、おかえりなさい!

出国前から、腰痛や骨痛など大変だったんですね。
交通の乗り継ぎがスムースでよかったですshine
4回目の治療の旅おつかれさまでしたcat
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 見守られている | トップページ | PRRT4回目の旅2成田からバーゼルまで »