何度も読みたい本

無料ブログはココログ

« カルチノイドもP-NET(神経内分泌腫瘍)もこの指と〜まれ!! | トップページ | お知らせ »

2012年1月28日 (土)

冬こそ温泉へ

年明け早々に、東京から二人、仙台から私、3婆の旅の第2弾。
旧友たちと福島の東山温泉に行って来たときの写真です。

寒い日にこんなの見たくないなんて言わないでご覧下さい。

こ〜〜〜んなに長いつららが下がっていました。

Th_

有形文化財登録の老舗旅館でしたので、もちろん木造。


Th__2

この宿は、真冬になると、夕方の数時間は中庭に雪見ろうそくが灯されます。
幽玄の世界。
古くても大切に手入れされて趣のある宿でしたが、やっぱり寒い!!

長くて磨き抜かれた板張りの廊下の先には「きつね湯」と「さるの湯」
ネーミングが可愛い♪

芯からあったまって身体がほぐれました。
私のように骨転移があると、無意識に身体の弱い部分をかばっていて、筋肉がこわばってしまうのかもしれない。
温泉では、効能書きのところに必ず「悪性腫瘍」は禁忌とされていて、ギョッとすることたびたび・・・
1泊の旅では入浴できるのはせいぜい1回か2回なので、自己責任の範囲でということだと解釈していますが、えも言われぬ身体の辛さが一時的にでも軽減されるのは確か。

Th_2

福島は、震災以後観光客が激減しており、
3婆は微力ながら、何か応援したいという気持ちがあったので旅の目的地を会津若松にしました。
けれど、どうしてもさびれてしまっている感じが否めないな〜。
来年のNHK大河ドラマのヒロインは、同志社大学を創設した新島襄の夫人、新島八重。
会津は八重の出身地。
大河ドラマの舞台なので、様々にメディアが取り上げて注目されることでしょう。

この旅の収穫は、縁起物の小坊師。おきあがりこぼしになっています。家族+1個買い求める習わし。
家族の繁栄を願う縁起物。

20120131_141627

こちらは小坊師そっくりのお菓子

Twitter


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村


« カルチノイドもP-NET(神経内分泌腫瘍)もこの指と〜まれ!! | トップページ | お知らせ »

旅のエピソード」カテゴリの記事

コメント

サリーさん〉天ぷら油のタクシーは、イギリスの車オースチンです。
経営者がこだわりを持っていて好感が持てました。

春から秋の福島はまた素敵ですね。
五色沼周辺もまた行ってみたいな〜。(o^-^o)

福島の会津若松は歴史ある街ですし、
県内には良い温泉も観光資源もたくさんあるのに、
原発の影響で、ほんとに残念ですよね。

会津若松城に、外国人観光客もいらっしゃったので
少し嬉しくなりました。

東北の高速道路が土日に無料というのもあり、
行きは日曜日だったので、新潟からマイカー利用のため、
タクシーには乗りませんでした。
天ぷら油で走るタクシー・・・エコで良いですね。

春から秋にかけては、新潟から会津若松まで
土日などにSLが走るので、今度はSLと天ぷら油タクシー
乗ってみたいです。

サリーさん〉まぁ〜〜、なんと同じ温泉場だったなんて、奇遇ですね。
この時期の露天風呂は、もしかすると命がけかもしれません(笑)

福島には本当に素晴らしい観光資源があるのに、原発の問題が影を落としてしまって、残念でなりませんね・・
天ぷら油で走るタクシーには乗りませんでしたか?

なんと、私も昨日から会津東山温泉に1泊で行ってました。
夫が月曜日に休みを取ったというので、急遽計画しました。
向瀧さんから更に奥へ行ったところの原瀧さんです。
5年ほど前にさいたまに住んでいたときにも
原瀧さんでお世話になったので、今回もそちらで。

会津若松は新潟から車で2時間ぐらいで
同じ新潟の上越へ行くよりも近いんです。

露天風呂はあったのですが、内湯から冷たい階段を下りて、
扉を開けたらあまりに寒くて断念しました。(苦笑)
夫は根性で入ったそうですが。(笑)

無料で貸切の半露天風呂が利用出来るプランなので、
そちらで何とか雪見露天できました。

雪の鶴ヶ城へ行ってきました。
一応、お城の中などに、新島八重さんの紹介などはありました。
来年はもっと宣伝されてるでしょうね。
武家屋敷や飯盛山へは以前行ったので今回はいきませんでした。

雪や平日というのもあるのでしょうけれど、観光客は少なめでしたね。
来年は、大河ドラマの影響で観光客も増えて欲しいですね。

momijiさん〉温泉いいですよね〜spa
一番憧れているのは雪見の露天風呂ですが、この宿にはありませんでした。
最近、我が家でのブームは島根です。
仁多米のおいしさにノックアウトされてしまいました。w(゚o゚)w

津和野や出雲大社や行ってみたい所がたくさん!!

星の砂さん〉寒かったですが、鄙びた雰囲気で良かったですよ〜。
十日市にも立ち寄り、野口英世青春通りとかも教えてもらったし。
友人のひとりは、歴史に詳しいので、もう1泊できたらあちこち足を伸ばせたのだけど・・

意外にも八重さんのポスターはそっと地味に貼ってありました。
商売っけの無い東北人だからかな・・(*´ェ`*)


つらら、ここしばらく見てませんねー。幼いころは実家の軒先にもつららが下がる日がありましたが、さすがにこんな大きな物ではなかったです(^-^;
雪に囲まれ温泉につかる…私も憧れてます(゚▽゚*)
こんな素敵な記事を読むと温泉行きたくなりますね~(´▽`)

寒そーwobblyでもいい雰囲気ーー♪
会津若松私達がt弾丸ツアーで行った時は「天地人」効果もあってとても賑わってましたが、やはり観光客は減ってるんですねdespair
雪の中での温泉強く憧れます。
主人も温泉に行ったらバンバン入っちゃってますよ~。
最低3回は。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カルチノイドもP-NET(神経内分泌腫瘍)もこの指と〜まれ!! | トップページ | お知らせ »