何度も読みたい本

無料ブログはココログ

« お知らせ | トップページ | 大成功でした!! »

2012年2月 8日 (水)

困ってるひと

先月、旧友たちと3婆の旅に出かけた時のこと。

その旅に出る前日に、娘と見た映画「エンディング・ノート」の感想と、
私自身の今の心境や、娘の気持ちなどを友人に聞いてもらった。

エンディング・ノートとは、人生の締めくくりに際して、遺される家族に対して自分の意向を明確に伝えるために記した覚え書きのこと。
映画では、主人公は段取り一番のサラリーマン時代を終えて、
悠々自適の生活を送る時期になったある日、突然ガンの宣告を受けた男性。
実在の人物のドキュメンタリーであり、娘さんが記録をしたものだった。
http://www.ending-note.com/

そこかしこにユーモアが漂い、しんみりしながらも重苦しさはみじんも感じなかった。清涼な風が吹いているところに佇んでいたような感じがした。

しかし、ガン患者であり、余命宣告を受けた体験を持つ私と、
いつかは母親を、あるいは父親を見送る側になるであろう娘とでは、たぶん感じ方も違っただろう。

主人公の「人生最後の日までの一大プロジェクト」を「終活」と位置づける考え方にとても共感。
でも、娘は、複雑な心境だったらしい。

その感想を聞いていた友人が、私の娘にある本を勧めてくれた。
それがこれ
「困ってるひと」大野更紗著 ポプラ社


Img_4989_2


あらすじは
ミャンマーの難民問題を研究していた大学院生の著者は、ある日突然くずおれて立ち上がれなくなった。原因不明の熱、倦怠感、腫れ上がる手足。およそ1年間の医療機関の放浪の末、ようやく「筋膜炎脂肪織炎症候群」という耳慣れない自己免疫の病気だと診断された。
最初は「何でもするよ」と言ってくれていた友人たちだったが、次第に心に負担を感じて徐々に去っていく。福島の田舎に暮らす両親をムーミンママ、パパと呼ぶ著者。
ある日、お尻の腫れが崩壊し流れ出す液体。お尻が半分無くなってしまうという悲劇も、自らを「有袋類女子の出現」と言ってのける。
信頼していた医師でさえも、自分が置かれた困難で閉塞的な状況や苦悩を共有することはできないと知り、絶望感に打ちのめされる。何度も死のうと思うが、彼女を生へと蘇らせたのはとてもピュアな恋だった。彼と自由に会いたいという願いが自立生活を決意させる。
親に全面的に頼らずに生きるために、車いすでの生活に移行し、障害者手帳の交付や市民権を得る為に、入院しながら友人の協力を得て遠隔操作での引っ越しを決行するのだった。

読み終えた後、とても爽やかな感動があり、元気づけられる。
そして、なんと神様の計らいとは深いものだろうと思わずにいられなかった。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

« お知らせ | トップページ | 大成功でした!! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

日本語評価調査会社さん〉メールでお返事させていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お知らせ | トップページ | 大成功でした!! »