何度も読みたい本

無料ブログはココログ

« ガンを生きることあるいはその遺族として | トップページ | 複雑な心境とオクトレオスキャン »

2012年5月 9日 (水)

森の〇〇さん

先日のこと。
朝からずっと催促されていたので、猫と近くの林に行きました。
この林には、遊歩道が整備されていて、
最短お散歩コース(3分)と、のんびり散歩コース(7〜8分)
そして、どこまでも行こう散歩コース(最長2キロ)とあります。

これらは私が勝手に命名(^-^;

この日は、最短お散歩コースを猫が自ら選択。
するとまもなく、何か、小さな灰色のものがふわふわ〜〜っと走り抜けて行きました。
よーく目を凝らしてみると、なんと、こういう生き物が!!


20080522_218356


もう、何十年と暮らしているのに、この林で出会うなんて、感激です。∑(=゚ω゚=;)

小学校や幼稚園の敷地にもこの林の中の散策路は続いているのですが、
観察できる生き物として、確かに「リス」と記述がありました。
しかし、一度も遭遇したことがなかったのです。
動いているリスを目の前で見たんですよ〜〜〜。もう嬉しい!!


Squirrel2


しかし、タオちゃんが狩りの態勢になって匍匐前進するとあっという間にいなくなりました。
そして、高い細い木の枝をいとも軽々と渡り歩いて降りては来ません。

首が痛くなるほど見上げていたけど、諦めて帰りました。


この日はとても幸せな気分になりました。


Images


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村にほんブログ村 猫ブログ シャルトリューへ

« ガンを生きることあるいはその遺族として | トップページ | 複雑な心境とオクトレオスキャン »

2代目灰色猫」カテゴリの記事

コメント

hittyさん)シアトルに住んでいらしたんですか〜。
アライグマまで!!!
周りにそんなに野生の動物がいるなんて羨ましい限り。
東京は、たまに行くだけですが、人間だけがやたら多すぎて疲れます・・
野良にゃんたちは里親さんが見つかるといいですね〜。

素敵なお散歩コースがあって羨ましい!
シアトルに住んでた頃は家の周りにリスが沢山いました。
日本の子より大きかった。
アライグマの親子が歩いていたりしてた。
シアトルのダウンタウンから刳るまで5分の住宅地ですよ。
う~~ん東京じゃ見れないわ!

サリーさん)リスはお二人にとって幸せのキューピッドみたいですね〜o(*^▽^*)o
山形道には、カモシカも見れるポイントがあるし、野生がまだ豊富に残されていますね。

リスと不意に出会うと、なんだか幸せな気分になりますよね。

夫と初めて会ったときの大阪の公園にリスが居たんです。

先日、山形に行ったときに、高速道路上をリスが横切って、びっくりしました。
結構野生のリスっているものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ガンを生きることあるいはその遺族として | トップページ | 複雑な心境とオクトレオスキャン »