何度も読みたい本

無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月30日 (月)

現代のシャーロック

暑い日が続いていますね。
関東や近畿では、38度近い酷暑の日があったりして高齢者や病気の人には苛酷なシーズンですが、熱中症には本当に気をつけましょう。
昨年、私は自宅のエアコンが壊れていて殆ど室温が下がらず、腎盂炎になり、脱水も起こしてしまいました。
そういうことにならないためにも、経口補水液は手軽に作れるので常備しているといいですね。


経口補水液レシピ


さて、連日テレビはオリンピック一色です。
なでしこジャパンの2戦目の時は、おとなりでは家族中で声援。
窓全開だから全部聞こえちゃう・・
あまりに熱くなりすぎたおじいちゃんが「バババババー!!」と大声!!
小さいミーちゃんはびっくりして泣き出す始末・・・・


さて、オリンピック以外に見応えのあるテレビといえば・・
NHKのBSプレミアムで放送している「シャーロック」は面白いです!!
シャーロック・ホームズとワトソンのコンビが、現代のロンドンで生きている設定。


シャーロックは禁煙パッチを貼ってて、天才的な頭脳の持ち主でありながら、相当な変人。
スマートフォンを駆使してあらゆる情報を検索。

ワトソンは事件の数々をブログで紹介し、仕事の依頼がネットを通じて来るという面白さ。

E38395e382a1e382a4e383abbenedict_c

シャーロックが、一瞥するだけで、被害者の特徴や殺害状況を分析して見せるところなんて、目が離せません。ベネディクト・カンバーバッチは、この役柄がピッタリ。

そして、ワトスン役はマーティン・フリーマン。
12月公開される「ホビット思いがけない冒険」の主役を演じています。
(「ロード・オブ・ザ・リング」でフロドに指輪を託した叔父さん・ビルボ自身の物語です。)


息もつかせぬ展開。スピード感満載!!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村にほんブログ村 猫ブログ シャルトリューへ

2012年7月25日 (水)

スピード感のせい?

一昨日、wowwowで「シャレード」をやっていました。
夫と二人でのんびりと映画鑑賞。

それにしても、1963年の制作なので、私はまだ中学生の頃か・・・
リアルタイムでは見ていなかった。


Imgres

それにしても、ヘップバーンのお相手がケーリー・グラントというのには、二人の年齢差が気になって仕方がない。
恋が芽生えるにしては年離れすぎじゃない??

他に「スリルとサスペンス、そして恋の行方は?」というキャッチコピーだってんだけど、なんとまあ、現代の私達からすると、とてものんびりした展開だった。

屋根の上の格闘のシーンも、ご愛嬌。


ジェームズ・コバーンや、ウォルター・マッソー懐かしい面々が登場して。それぞれ残虐な殺され方をしているのに、大した緊迫感が無くて拍子抜けしてしまった。

F0001613_13524294


オードリーが着こなしてみせるジバンシィの服が洗練されていて素敵だ。

Imgres1


全体としては、ちょっとがっかり。
「シャレード」ってこんなだったっけ??
私達が年をとったせいなのか、時代のせいなのか・・・・


サスペンスといえば、息もつかせぬ展開と、スピード感、手に汗握るような緊迫感と、アクションの連続・・というのを思わず期待してしまっていたことにアゼンとしてしまいました。

いつのまにか、ハリウッド的な、大掛かりなセットの中で、巨額の制作費で作られた作品に目が慣れてしまったせいか ( ̄◆ ̄;)

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村にほんブログ村 猫ブログ シャルトリューへ

2012年7月20日 (金)

14人目のPRRT体験者

水曜日に、関東では梅雨明け宣言されたそうですね〜。
そのニュースが届いた一昨日、とたんに爽やかな風が吹き始め、昼までの湿気ムンムンの暑さが嘘のように消え去りました。


前日の火曜日は、脳外科受診の日。
その後には胃カメラも飲む予定。
けれど、前日は蒸し暑くて寝苦しくて、夜をほとんど眠れずに過ごし、しかも寝る前の痛み止めを飲み忘れてしまったので、朝の目覚めは最悪!!胃カメラはキャンセルしたい・・・

憂鬱な気分のまま、帰省中の娘も一緒に3人で病院へ。
先週のMRIの結果を恐る恐る聞く。
「これが今回の画像の診断ですが、変化なしですね〜」

3人で一斉に「は〜っ」と息を吐く私達。


また2ヶ月後にMRIを撮って、その翌週に診察です。


さて、そんなこんなしている内に、しまうま倶楽部のHP宛にある方からメールをいただきました。
その方自身は、医療関係者であり、P-NET患者であるということ、
イギリスで今月中にPRRTを受ける予定であること、
ご自身の体験を提供してくださるとのこと。


これまで、イギリスに関しては殆ど情報が皆無でしたので、貴重な体験談を聞かせていただけそうです。
順次、ブログにもアップしていきます。

8月は13人めのKさんが2回目の治療でバーゼルに行かれる予定です。
お二人とも順調に治療できますように!!ヽ(´▽`)/

そして、経過が良好で帰国されるように心から応援しています。

さて、散歩が大好きな猫
最近は、ツメクサの中に埋もれてごきげん。

Th_

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村にほんブログ村 猫ブログ シャルトリューへ


2012年7月11日 (水)

縁の下の力持ち?

大学病院までの道、長い間工事中でしたので、よく目にしては気になっていたアレ・・

「単管バリケード」というんだそうです。
なんと作っているのは、「仙台銘板」という仙台の会社でした。


いろんな種類があるんですね・・


Images2


Images3


Images4


Images


もともとは、旭川動物園の人気をきっかけに、旭川営業所で開発。
動物のかわいらしさで、工事現場での「危険」・「渋滞」のマイナスイメージを緩和するのを目的に作られたのだそうです。

ご当地ソングならぬ、ご当地バリケードがあるとか。
沖縄限定の「シーサー」とか、神戸の「こうのとり」とか、見に行きたいくらいです。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村にほんブログ村 猫ブログ シャルトリューへ


2012年7月 9日 (月)

肝胆膵外来

金曜日は、いつものように外来の受診で大学病院へ。


午前7時半に家を出ると、病院に8時に着くので、採血と採尿を終えてからタリーズで朝食。
娘も口腔外科の診察の予約を取りに行って、私だけで外来へ。

採血の結果が一部しか出ていなかったので、私の気になることとして「胃もたれ」があることを伝えた。自分では、便秘気味なことと関連しているように感じているのだけど、消化しきれずに胃の中に残っているような感じがしていると伝えた。
すると、主治医から、しばらく検査していないこともあり、胃カメラを勧められた。
「いずれにしても、早い段階で見極めがつくほうがいいですからね〜」とのこと。

そういえば、最後に胃カメラを飲んだのは、2010年の4月だったな〜。
その前年の2009年頃から、胃底部に静脈瘤があると指摘されていた。
静脈瘤が破裂すると一大事だと脅かされていたけれど、検査した時点ではスイスでの治療の効果で静脈瘤は消失していて、ほっと胸をなでおろしたんだった。

尿中の白血球が+3・・これはずっと続いているが心配なし(他の腎機能が正常)

白血球数・・・・4.1   最低値ギリギリ
赤血球数・・・・3.34   同じく最低値ギリギリ
血色素Hb・・・・10.9  最低値より低いけれど異常というほどでは無し

骨転移の増悪を示す指標となるALPは、まだ検出が間に合わず次回聞くことに。
最も悪化していた2008年の10月ではALPが1500(正常値は上限330)を超えていた。
その後、PRRT治療を受ける毎に低下し、2011年の7月では536まで低下。
その後、病状が変化し、11月〜12月頃に腰椎の圧迫骨折が起きていた頃には931まで上昇。
そして、2012年5月では647となっている。
これが上昇し始めると、新たな骨転移の可能性??。

来週は2ヶ月おきの頭部MRI・・・・これが一番きがかり。
これまで毎年夏に悪化してガンマナイフを受けているので、一応覚悟はしているつもりなのだが。
そして9月には腹部CT


今のところはまずまずといった状態。
昨年の11月に、成田を飛び立った時には、ここまで恢復できるとはまったく想像できなかった。

がん患者でありながら、この1年近くを鎮痛剤以外はほとんど無治療でいられたということがどれほどすごいことか・・・・

もう、以前のように街中まで出かけることは滅多にない代わりに、気晴らしに猫と散歩。
歩いて5分の林の中。
静かでフィトンチッドがたっぷりの林の中は、小鳥のさえずりを聞きながら物思いに耽るには最適。

今年に入ってから、同病仲間の訃報が相次ぎ、私の心は沈みがち。
私の今の状態もいつどうなるか分からない。考え始めるとキリがない。


でも、猫は、今・この時間を生きているだけ。
過去を想い患うこともせず、未来を不安で曇らせたりしない。


猫に見習って、今、この時間を生きなくては・・・

Th_img_0284


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村にほんブログ村 猫ブログ シャルトリューへ

2012年7月 4日 (水)

被災地への支援・着物生地をおくろう

昨年の大震災から一年3ヶ月が過ぎました。
少しずつ、高台への集団移転などが決まりつつある地域もあればなかなか進展しない地域もあり、悲喜こもごもの様相です。

夫の実家があり最も被害の大きい地域、石巻では、市内よりもかつての郡部だったところ(複雑に入り組んだ湾沿いの地域)が復興がなかなか進まない地域です。
この地区には本当に綺麗な海が広がっていました。
子供達がまだ小さかった頃に、石巻から海沿いの道路を北上して行ったことがありましたが、くねくねと曲がりくねった道路の先に海が見え隠れし、海岸沿いにはカキ殻がうず高く積んでありました。

海は青くて、どこまでも透明度の高いきれいな水。足元にはウニがすぐ手の届く近さに見えていました。もっともっと足を運んで、あの美しい風景を目に焼き付けておけば・・と、悔やまれます。

被災した方たちに対して、私にも何かできることがないか・・・考えていました。
すると、偶然にも石巻市の旧河北町の婦人会の人たちが着物の生地を求めていることがわかりました。


現在、仮設住宅で「吊るし雛」を制作しているので、その材料となる着物生地のはぎれ(古い物でも可。着物、帯揚げ、帯、羽織)とのこと。生地だけでなく、針、糸、使わなくなったミシンなどの物資も募集しています。

Img_754391_31734900_0

我が家には、なんとピッタリのタイミングで、妹が集めていた古着が沢山送られてきており、その中から幾つかと私の持っていたものを送ることにしました。

まだまだ募集中だとのことです。もし、お宅のタンスに眠っている着物がありましたら、ぜひ支援をしていただけたらと思います。

他にも、着物地を使って作るアイデアがあったら教えてくださいとのことです。

連絡先:986-0131 石巻市飯野字岩崎20 高橋よしみさん

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »