何度も読みたい本

無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月21日 (金)

芸術の秋

先週の土曜日に、とても贅沢なステージを観てきました。

「ミス・サイゴン」

舞台はベトナム戦争まっただ中のサイゴンで、米兵とベトナムの少女との間に芽生えた愛の物語・・・


Saigon_main6

公演のパンフレットによる簡単なストーリーはこちら

物語は陥落直前のサイゴン(現在のホー・チ・ミン市)。フランス系ベトナム人、
― 通称エンジニアが経営するキャバレーでアメリカ兵クリスと、ベトナム人の少女・キムが出会う。
この戦争に大きな疑問を持つクリスと、戦禍ですべてを失い、生きるすべを求めてこの店に働きに出た17歳のキム…。二人は惹かれ合い、恋に落ちた。
お互いに永遠の愛を誓いながらも、サイゴン陥落の混乱の中、米兵救出のヘリコプターの轟音は無情にも二人を引き裂いていく。
時は過ぎエンジニアと共に国境を越えてバンコクに逃れたキムは、クリスがいつの日か迎えに来てくれると信じながら懸命に生きる。キムの中に宿った新しい命、彼との子・タムを人知れず育てながら。
キムにとっては、今はタムだけが唯一の希望、そして生きる力だった。
それをも知らず、ベトナム戦争のPTSD(後遺症)に苦しみながら連夜悪夢にうなされるクリス。やがて彼は、そんな死の苦しみから救い出してくれたエレンと結婚する。
ところがある日、彼は戦友のジョンから、キムが生きていること、そしてキムと彼の子供の存在を聞かされる。愕然とするクリス。
キムとクリスの運命の糸をあやつりながら、したたかに「アメリカン・ドリーム」を追い求めるエンジニア。キムに会うために、バンコクを訪れるクリスとエレン、そしてジョン。
キムの最後の願いは、タムをアメリカに渡らせ、希望と夢に満ちた未来を作ってあげること。その為に、キムは自らの運命をかける。クリスの到着を待ちわびるキム。
そして……。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夫と娘は、ミュージカルの舞台を見るのは初めて。
そのせいか、すべてのセリフが歌になっているので、違和感ありすぎて困っていた。
私は「オペラ座の怪人」を観て、ナマの舞台の迫力と歌の力に圧倒されたので、ひそかに期待していた。

次女がアメリカにいた時に連れて行ってもらって、半分くらいしか理解できなかったけど、すごく感動したと言ってたし。


市村正親の「エンジニア」はとても良かった。したたかで、狡くて節操が無いし、欲深い人間をコミカルに演じていた。

でも、もう、私にとって「ベトナム」は遠く遠くなってしまったんだな〜・・・
娘には、「ベトナム戦争」のあの時代が全く分からない。
ただ、主人公の一途に貫き通す「愛」に対して、結局は本国に逃げてしまった男・・彼女の存在も忘れて豊かに暮らしている米兵の「弱さ」にえらく憤慨。

夫は、舞台転換の見事さに圧倒されていた。
幾つもの場面、場面が次々に一つの舞台上に出現し、しかも完璧なタイミング。

仙台公演の舞台は、かつての県民会館で非常に老朽化している建物だし、階段だらけで座席が硬くて小さくて、高い講演料に見合わないお粗末。
カフェが無いから自販機に殺到!

せっかくの舞台なのに、もったいない!!( ̄‥ ̄)=3   


治療方針変更で、今後はあまり外出もままならないだろうと、家族みんなで出かけました。
あれやこれや言いながら・・・でも贅沢な時間をすごせたいい夜でした。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村にほんブログ村 猫ブログ シャルトリューへ

2012年9月14日 (金)

玉虫色の判定

9月も中旬に近いというのに、まだまだ暑い日が続いていますね〜〜〜〜。\(;゚∇゚)/

この暑さを喜んでいるのは、グリーンカーテンにしているパッションフルーツ。
枝葉がどんどん伸びています。でも、水不足のせいか、ついに完熟しないまま実が落ちてしまいました。

花は「時計草」という名前で知られています。

Images


実は、アケビに似た感じ。種の周りに甘い果肉がついている・・・味わうこと出来ず

00011

さて、先月末から今月初めに諸々検査が続きましたが、その結果が分かりました。

●CT画像による判定・・・・多発肝転移の幾つかは縮小しているものあるが、増大しているように見えるものもあり。全体としてはSD(現状維持)

・・・・・・主治医によれば、PRRTの治療により細胞の形状が変質しているようにも見えるとのこと。
      はっきりと増悪していると言い切れない。


●骨シンチ・・・・・・昨年からあった頭蓋骨、および肩甲骨、肋骨、胸骨、頚椎、骨盤内の骨への集積は低下している。しかし、腰椎のL3は拡散傾向とのこと。血中にカルシウムが溶けだしているわけではないけれど、ALP値が前回の700台から1000に急上昇した。

ちょっとショックだったのは、大腿骨への転移部分がかなり明確になっていたこと。(ノω・、)
実は、骨シンチを受けた日の夜から、坐骨、恥骨のあたりが痺れた感じになり、膝裏までが冷たくなる感じが数日間続いていた。

しばらくすると治まったけれど、郵便局まで往復10分の道のりを歩いただけでも、全身の疲労感がひどく、これまでとはだいぶ様子が違ってきました。
こんな状態じゃ、やっぱり、ね・・・・

●頭蓋骨のMRI・・・・前回と同様。頭蓋骨全体に多発しているものの変化なし。

全体として、大きく悪化しているという結果ではなかったものの、PRRT治療後1年近く経過しているので
効果は薄れつつあるという感じ。今から次の手を売っておくべきタイミングではないか、ということになりました。


【アフィニトール】を1週間分処方されました。
毎朝、朝食の直後に5ミリを1錠。副作用の出方に注意を払いながら翌週に受診。
あらかじめ、KL-6の値を計測しておくことと、肺のレントゲンを撮っておくようにと指示されました。

週末にはP-GInetの勉強会も予定されているし、来客があったり、外出が続く予定なので、それを避けて来週の初めから服用します。
念の為に、口内炎用の塗り薬、皮疹用の塗り薬も処方してもらいました。


さ〜て、どんなことになるやら・・・・( ̄▽ ̄)

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村にほんブログ村 猫ブログ シャルトリューへ

2012年9月 3日 (月)

P-GI NET勉強会のお知らせ

PANCAN japan主催の勉強会が近づいて来ました。
今年は大阪も含めて全国4箇所での開催となります。


NETのシンボルはシマウマ

Img20100520155851


膵臓原発の神経内分泌腫瘍および、消化管の神経内分泌腫瘍(これまでカルチノイドと呼称されてきたものを含む)の患者さん、ご家族を対象とした勉強会です。


【第1回 仙台】
講師:江川新一(東北大学 IRIDeS教授 肝胆膵外科内)
日時:9月15 日(土)13時~15時
場所:リッチモンドホテルプレミア仙台駅前
     http://richmondhotel.jp/sendai-ekimae/access.php
   宮城県仙台市青葉区中央2-1-1仙台東宝ビル5F
   TEL 022-716-2855


【第2回 東京】
講師:奥坂拓志(国立がん研究センター 肝胆膵腫瘍内科 副医科長)
日時:9月23日(日)10時~12時
場所:アルカディア市ヶ谷 http://www.arcadia-jp.org/access.htm
   東京都千代田区九段北4-2-25
   TEL:03-3261-9921


【第3回 福岡】
講師:伊藤鉄英(九州大学医学研究院 臨床医学部門 内科学 准教授)
日時:9月29日(土)14時~16時
場所:九州大学病院内カンファレンスルーム
   http://www.hosp.kyushu-u.ac.jp/access/index.html
  (当日、院内に詳しい案内が掲示される予定です。)


【第4回 大阪】
講師:今村正之(京都大学名誉教授、関西電力病院顧問)
日時:11月18日(日)13時~15時
場所:ブリーゼプラザ 801号室 http://www.breeze-plaza.com/map/
   大阪市北区梅田2-4-9
   TEL06-6344-4888

日頃、疑問に思うことや、現在の治療への不安など、各会場で専門医の先生に直接お聞きすることができます。とても貴重な機会ですので、ご家族の方もご一緒にぜひご参加下さい。

参加の申し込みはこちらの入力フォームからお願いします。

↓ここをクリックすると開きます
pgi-NET勉強会

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村にほんブログ村 猫ブログ シャルトリューへ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »