何度も読みたい本

無料ブログはココログ

« 玉虫色の判定 | トップページ | 世界のゼブラはどうしてる?繋がろう  NET CANCER DAY »

2012年9月21日 (金)

芸術の秋

先週の土曜日に、とても贅沢なステージを観てきました。

「ミス・サイゴン」

舞台はベトナム戦争まっただ中のサイゴンで、米兵とベトナムの少女との間に芽生えた愛の物語・・・


Saigon_main6

公演のパンフレットによる簡単なストーリーはこちら

物語は陥落直前のサイゴン(現在のホー・チ・ミン市)。フランス系ベトナム人、
― 通称エンジニアが経営するキャバレーでアメリカ兵クリスと、ベトナム人の少女・キムが出会う。
この戦争に大きな疑問を持つクリスと、戦禍ですべてを失い、生きるすべを求めてこの店に働きに出た17歳のキム…。二人は惹かれ合い、恋に落ちた。
お互いに永遠の愛を誓いながらも、サイゴン陥落の混乱の中、米兵救出のヘリコプターの轟音は無情にも二人を引き裂いていく。
時は過ぎエンジニアと共に国境を越えてバンコクに逃れたキムは、クリスがいつの日か迎えに来てくれると信じながら懸命に生きる。キムの中に宿った新しい命、彼との子・タムを人知れず育てながら。
キムにとっては、今はタムだけが唯一の希望、そして生きる力だった。
それをも知らず、ベトナム戦争のPTSD(後遺症)に苦しみながら連夜悪夢にうなされるクリス。やがて彼は、そんな死の苦しみから救い出してくれたエレンと結婚する。
ところがある日、彼は戦友のジョンから、キムが生きていること、そしてキムと彼の子供の存在を聞かされる。愕然とするクリス。
キムとクリスの運命の糸をあやつりながら、したたかに「アメリカン・ドリーム」を追い求めるエンジニア。キムに会うために、バンコクを訪れるクリスとエレン、そしてジョン。
キムの最後の願いは、タムをアメリカに渡らせ、希望と夢に満ちた未来を作ってあげること。その為に、キムは自らの運命をかける。クリスの到着を待ちわびるキム。
そして……。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夫と娘は、ミュージカルの舞台を見るのは初めて。
そのせいか、すべてのセリフが歌になっているので、違和感ありすぎて困っていた。
私は「オペラ座の怪人」を観て、ナマの舞台の迫力と歌の力に圧倒されたので、ひそかに期待していた。

次女がアメリカにいた時に連れて行ってもらって、半分くらいしか理解できなかったけど、すごく感動したと言ってたし。


市村正親の「エンジニア」はとても良かった。したたかで、狡くて節操が無いし、欲深い人間をコミカルに演じていた。

でも、もう、私にとって「ベトナム」は遠く遠くなってしまったんだな〜・・・
娘には、「ベトナム戦争」のあの時代が全く分からない。
ただ、主人公の一途に貫き通す「愛」に対して、結局は本国に逃げてしまった男・・彼女の存在も忘れて豊かに暮らしている米兵の「弱さ」にえらく憤慨。

夫は、舞台転換の見事さに圧倒されていた。
幾つもの場面、場面が次々に一つの舞台上に出現し、しかも完璧なタイミング。

仙台公演の舞台は、かつての県民会館で非常に老朽化している建物だし、階段だらけで座席が硬くて小さくて、高い講演料に見合わないお粗末。
カフェが無いから自販機に殺到!

せっかくの舞台なのに、もったいない!!( ̄‥ ̄)=3   


治療方針変更で、今後はあまり外出もままならないだろうと、家族みんなで出かけました。
あれやこれや言いながら・・・でも贅沢な時間をすごせたいい夜でした。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村にほんブログ村 猫ブログ シャルトリューへ

« 玉虫色の判定 | トップページ | 世界のゼブラはどうしてる?繋がろう  NET CANCER DAY »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

サリーさん〉ホー・チミンに行かれたことがあるんですか・・
今はもうすっかり綺麗な街になっていることでしょうね〜。

この日は、遠出ができなくなった私のどうしてもの希望で家族みんなで観劇しました。
本田美奈子さん、たしかにそうですね・・これの初演はもうずいぶん前でした。
舞台は、劇場の良し悪しに結構左右されると思うのですが、うまく使いこなしていました。
建築を職業にしている夫は、この劇場に来るたびにぶつくさ言ってます(^-^;

ミュージカル、良いですね♪
ミスサイゴンは、かつて本田美奈子さんもでてましたよね。
ストーリーは森鴎外の「舞姫」みたいですね。
いつの時代も、男性は弱いのかもしれませんね。(男性諸氏失礼!)

私はベルばら世代で関西だったので、宝塚歌劇はちょくちょく見に行きました。
ミュージカルは25年ほど前にレミゼラブル見たのが最後です。

お芝居やコンサート、ミュージカルは好きなんですけど、
最近はチケットもなかなか取れないし、チケット自体も高いので、
結婚してからはなかなか見に行けないですね。

ベトナム戦争は小学校の頃で記憶も曖昧です。
ホーチミンは15年ほど前に行きましたが、もう戦争の名残も少なく
活気のある街になってました。
夫が子供の3人組スリに5千円ほど擦られた苦い思い出があります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 玉虫色の判定 | トップページ | 世界のゼブラはどうしてる?繋がろう  NET CANCER DAY »