何度も読みたい本

無料ブログはココログ

心と体

2013年3月30日 (土)

なってびっくり!帯状疱疹

3月に入って間もなく、夜中に右足だけが猛烈な痒みを感じてかきむしってしまいました。すると、翌日には発疹ができていました。向こう脛から膝の裏側に回って太ももからお尻の下まで。

おかしいな〜、と思いつつも体調が悪いので翌日受診することにしていたら、夜には発疹から水泡に変わっていました。インターネットで検索すると帯状疱疹という病名がヒット。以前、姑が随分つらい目に遭っていたのを思い出しました。
神経節に沿ってできるために、神経痛のように痛みが強いのが特徴。
猛烈な痒みと思っていたのも、この頃には痛みに変わっていました。
翌日は、大学病院の糖尿病外来で血糖値の経過について話を聞き、このまま1日3回4単位ずつのインスリン投与を継続することで了承。
昨年、一時的にアフィニトールを使った後、急激に血糖値が上昇したことと、私のすい臓が小さく縮んでしまっているようにCTの画像では見えているということなどが理由で、今年の1月からインスリンを投与することになりました。
糖尿病外来は2ヶ月に1度でもOKというのでほっとして帰宅。
帰宅途中に近所の内科医を受診。やはり帯状疱疹でした。
抗ウィルス剤の処方だけでなく、今服用している薬との飲み合わせをチェックしてくれる丁寧な先生でした。
抗ウィルス剤は。1週間分しか処方できないとのこと。その頃にもう一度来院するように指示されて帰宅。抗癌剤のTS-1は一時休止。
その後、よく耳にする話しの通り、水泡が足全体に広がり、痛みはどんどん強くなるというので、一時体調が良くなって散歩できると喜んだのもつかの間、また引き籠りになりました。
痛みに関しては、ひどい人の場合にはペインクリニックを紹介するのだとも聞きました。私はオキシコンチンとロキソニンをすでに使っているのでそれで対処。
1日のうち午後2時くらいから夕方まで、それから夜中の数時間という風に痛みが襲ってくる感じ。
痛み止めである程度は軽減されるけれど、痺れるような感覚はどうしようもないので、湯たんぽを当てていると楽になりました。
今日でやっと3週間経過し、水泡だったものは完全に渇いて、赤い発疹の跡だけになってきました。それでもしぶとく膝の裏側には潰瘍になりかけた物が残っています。
東京では、今日あたり最後のお花見日和だと思うのですが、仙台はまだまだ花の便りは届いていません。来週あたりはどうかしらね・・・

2012年6月12日 (火)

秘策

先月から、オキシコンチン10mgを一日3回服用するようになりました。
胸椎と腰椎の圧迫骨折があるため、これまでは昼過ぎになると、腰がギシギシし始め、背中がバリバリになり、起きているのが辛くなってきていたのです。
それで、朝と夕の12時間おきから、8時間おきに10mgずつを飲むようになってからずいぶんらくになりました。(o^-^o)


でも、そのかわりに、以前よりもひどい便秘に悩まされるようになりました。
以前は酸化マグネシウムを一日3回処方されていても、1日に1回か、場合によって2回飲むくらいで十分でした。

しかし、今度は1日3回飲んでも全く気配なし。
トイレに行くたびにトライ。

すると、かろうじてウサギのフン??すっきりせず気持ち悪いし食欲不振になりました。
胃がもたれるような感じになるし、お腹は膨満感。


そんな時に、「ためしてガッテン」でアーモンドが紹介されていました。
元バドミントン選手だった陣内さんは、美肌になるだけでなく、なんと便秘が解消すると言っていたので、それこそ試してみようと。


Photo


手のひらにいっぱい。1日20粒くらいを食後にとる。
これで3〜4日続けています。

昨日は、久しぶりの快感を味わいました〜〜〜。
アーモンドの下の小瓶は、ドイツ・マリエン薬局の処方の胃腸のレメディーです。
私は胃もたれが持病ですが、ずっと処方されていた胃酸抑制の薬は効果なく、ホメオパシーを試しているところ。


それに適度な運動もしようと、猫の散歩にも付き合って。


Th_img_0284

ソファーのカバーも変えて気分も一新!
Th_1db06d60addd11e19894123138140d8c

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村にほんブログ村 猫ブログ シャルトリューへ

2012年3月19日 (月)

チャレンジャーとして

先月のフォーラムからひと月がたちました。
嬉しい反響も沢山いただきました。
また、多くの方が情報が乏しい中で苦戦している実情も見えてきました。
私たち自身も、一般のがん患者とは全く違うスタンスであることを理解した機会でもありました。
だからこそ、患者として声をあげて行くことの重要性も理解できた場でした。

どんな病気にも言えることですが、治りたかったら何よりも早期発見が重要、そして適切な診断、適切な治療を受けること。これに尽きるんですね。(* ̄ー ̄*)

しかし、見つかった時にはすでに手術不可だった場合(私のように)や、治療を続けて来たけれど病気の進行を抑えきれなくなった場合、そして、治療法の選択が限られてしまった時にはどうするか・・・

新薬の治験に参加してみることも一つの選択肢として考えてみてはいかがでしょうか?
勿論、リスクは自らの責任で。うまくすれば思った以上に奏功する場合があります。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

すでに「しまうま倶楽部」のニュースでは紹介しましたが
仲間のお一人が治験に参加して、その体験を語っている記事が掲載されています。
稀な膵ガンに初の治療薬 47NEWS

アフィニトールが保険適用になり、主治医から勧められている方も増えてきました。
その効果に期待したいですね。

こうした治験に参加している仲間は、A子さんの他にも何人かいらっしゃいます。
欧米では、NETの治療薬の中では実績のある「ストレプトゾシン」日本名ザノザールの治験。
また、スーテントの治験(スニチニブ)。腎細胞がんには適用されていますがNETには未承認。
このおひとりおひとりが、それぞれに可能性を信じて飛び込んで行ったチャレンジャーだと思う。


けれど、そこまでの勇気は持てない、今の状況を受け止めきれないという人も多いかもしれません。
ある程度病状が進行した時、患者本人は勿論、周りで支えている家族にも、抱え込んでしまいがちな心理状態があります。

その不安や恐れ、心の揺れ動き、無力感や自責の念に駆られること、などについて、患者や家族の立場から書かれた本をみつけました。

「もしも、がんが再発したら[患者必携]本人と家族に伝えたいこと 」というもの。


Th_saihatsu_2


序文にはこう書かれています。

20120319_210123


治験を受けるにはどうしたらいいのか、なども詳しく書かれており、療養する日々を支える手引きとして活用したいと思いました。

ガン情報センターで、興味を引かれた部分だけでもPDFファイルで閲覧することもできます。

もしも、がんが再発したら 本人と家族に伝えたいこと


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

2010年8月 1日 (日)

夏風邪??

先週の木曜日に娘の浴衣選びに付き合って以来、
右の股関節が痛くて歩行困難になっていました。

とうとう昨日の朝は便座に座るにも主人の手助けが要る有様。
トホホ・・(;ω;)

寝返りを打つ時も、右足の付け根や大腿がしびれた感じでした。
この間、鎮痛剤を少し量を増やして対処。
日中、座薬を使いながらしのいでいました。

こんな状態ではとてもスイスになんていけないんじゃないだろうか・・
かなり不安になってきました。( ̄Д ̄;;

考えてみれば、1回目の渡航時は今よりも厳しい体調だった。
出かける前日まで38度台の熱が続き、肝臓で腹腔内が一杯という状態で
肺や、みぞおち全体が圧迫され、息苦しい感じだった。

それでも治療を受けて以来、肝臓の腫れが引き
ALP値以外は肝臓の機能自体には問題無しという状態にある。

きっと今回も何らかの治療の効果はあるはず。
今からめげていてどうする!と自分に喝\(*`∧´)/


それにしても・・・
昨日も一昨日も、冷房かけているのに汗が吹き出るのはおかしい・・・
今朝は痛みも治まらないので頓服を飲み、
そしてあまりに喉が渇くので、早朝ですがスイカを食べました。

ここでやっと気がつきました。
先週始め、スタッフが熱と下痢で欠勤し、その後主人が喉が痛いと訴えていました。
どうやら私も風邪だったのか、熱があったのだと思います。
その後計ってみたら37度2分でした。
夜中はもう少し高い熱があったのかもしれない。


ここしばらく何事もありませんように・・・・


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

2010年7月 5日 (月)

ステッキ

昨日は、夫の運転でここに行きました。

ステッキの専門店 「ウオーキン」

先日、大学病院で花柄のステッキを持っている人をみかけて
今は、おしゃれなものがあるんだな〜と思った次第。

こんな感じでしたよ♪

Hanagara81d


私の身長に合わせた杖を持ち、試しに歩いてみます。
最初はちょっと杖と身体がバラバラな感じ・・・

でもだんだんとコツが分かってきました。

そして選んだのがこちら

Photo

とても軽くて丈夫な「オーク」の杖です。

これで、歩くのも楽しくなりそう(゚▽゚*)

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

2010年5月11日 (火)

マッサージの適用と禁忌について

仙台ではまだ八重桜が咲いています。


Dscf1956


そしてもう一つの桜(シバザクラ)たっぷりと可憐な花

Dscf1958


先月の半ば頃から、ぎっくり腰に悩まされていた私でしたが
がまんできずに近くの整骨院に行ってからの後日談です。

まず、整骨院では午前30分マッサージを受けたところ、
一旦、自宅に戻り入浴してから午後もう一度と言われました。
結局昼食に手間取り入浴はせず出直し、30分施術を受けて帰宅。

夕方から上半身が痛み始め、その夜は一晩中だるさと痛みで眠れませんでした。
そして翌日は身体が強張り、何をしても痛みを感じる始末。
鎮痛剤の屯服オキノームを服用しても痛みは消えず。

2日ほど痛みに耐えていたけれど、どうにもできず
鍼灸マッサージ師の知り合いにSOSすると、
なんで最初に来ないの!と、怒られました。(。>0<。)

3日連続で彼女の手技(鍼、灸、マッサージ)を受けてぎっくり腰は快復(*^-^)

しかし、今度は背中の肩甲骨のきわや、胃の裏側が痛い。
徐々に左の腰の上のあたり、膵臓の裏側にも鈍痛が発生。

3〜4日おいてもう一度マッサージを受けても改善されず。(;´д`)トホホ…

長く起きていると背中が苦しくなるので、
半日くらいしか活動できずにいました。
痛みをこらえていると、そのせいでストレスが溜まり
些細なことにも怒りっぽくなっているのに気づきました。

この2日くらいは、寝る前に座薬のボルタレンサポを使ってみたところ
痛みを感じずに久しぶりに熟睡できました。


痛みに悩まされずに熟睡できることが
どんなにQOLを高めるものだったか・・・・
しばらく忘れていました。

あらためて、痛みとうまく付き合うこつは、
筋肉痛であれ、ガン性の疼痛であれ、いたずらに我慢しないこと。

痛みをコントロールすることによって、
ストレスを軽減しQOLを保ことの大切さを思い出させてくれた事件でした。


そもそも、接骨院や整骨院と看板を掲げているのは
柔道整復士(厚労省認可の国家資格)が開設しているところ。
打撲、ねんざ、肉離れ、脱臼などに対しての手当を意味し、
いわゆるあんま・マッサージ師とは手技自体がまったく異なることを初めて知りました。
しかもウカツなことに、調べてみて分かったことですが
私のように悪性腫瘍の患者はマッサージを自体が「禁忌」だったのでした。

背に腹はかえられぬとばかり、駆け込んでの失敗談でした。( ̄○ ̄;)!

どうぞみなさまもお気をつけ下さい。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

2010年4月21日 (水)

ぎっくり腰

17日の土曜日は、朝目覚めると雪が降っていて驚きました。

Photo_2

しかし、翌日からは天気が回復し、桜が咲いたようです。
私たち家族が悲しみに浸っている間に
季節がめまぐるしく行ったり来たり・・

Photo


私は、ここ数日というもの、ぎっくり腰でダウン。
娘のダイエット用ゴムバンドなんかで腰を補強して
その場しのぎをしてごまかしていましたが一向に快復せず。

早く治りたい一心で月曜に整骨院に行きました。
マッサージを午前と午後の2回に分けて施術されたのですが
その夜から強烈な痛みに襲われました。

背中、腰、上腹部、ひさびさに痛みで輾転反側する一夜を過ごし、
翌日も痛みに耐えかねて、屯服のオキノームを5mg飲みました。
筋肉痛には効かないのか、全く改善されず・・・(。>0<。)

なんだか張りつめていた心がポッキリ折れてしまった感じです。o(;△;)o

考えてみると、腰痛の症状はこの冬の間ずっと自覚がありました。
灰色猫が、毎晩私の布団に潜り込んで寝ていたので
寝返り打つのにも気遣いながらだったし、
同じ姿勢でいると腰が痛くなったりしていました。

あの夜、事故現場に行く時もへっぴり腰でしたし
5キロの灰色猫を抱きかかえて家まで歩くのも結構しんどかった。

まさに、心と身体はひとつながり。
一度に何もかもが溢れてきてしまったのでしょうか・・

今朝になってようやく痛みが治まりました。

Dscf1091

これは、最近、また通って来ている猫です。
灰色猫のことが大好きだったノラです。
近所の家で子猫を生み、しばらくは行方不明でした。

なんとか手なづけて避妊手術を受けさせようと画策中。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村

2010年3月26日 (金)

低気圧にご用心

一昨日、昨日と、仙台では冬に逆戻り・・。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
天気予報では、山沿いの積雪がなんと30cmにもなる!!\(;゚∇゚)/
実際は雪の多いみぞれという感じでしたけれど、
私はガクンと体調が悪くなってしまいました。


一昨日は夕方まで窓際の机に向かってブログをアップ。
気づくとすっかり身体が冷えきってしまい、猛烈な眠気も。

布団に潜り込んでもあったまらず、手指は強張ってくるし、
旅行の楽しかった気分から一転して、一気に落ち込んでしまいました。

猫が私の足下で丸くなってくれてようやくあったまりました。

いったい何が起きたのかと思っていたら、
夜半から翌朝にかけて低気圧が通過するとの予報。

どうりで・・・・( ̄Д ̄;;

こんな時、やっぱり病人だな〜と痛感します。
皆さんも低気圧の影響にはご用心を!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村

2010年3月 7日 (日)

驚きの効能

昨日の夜、娘に「ね〜、これ覚えてる?」
と言われたのがこちら


Aromapatch_bp

アロマパッチ

だいぶ前のことですが、
外来受診の後で立ち寄った薬局で、ふと見つけたものです。


それにしても、黒胡椒のアロマって・・・┐(´-`)┌
いったいどんな効能があるのかね〜、なんて笑ってました。
開発した方、失礼しました(;;;´Д`)ゝ

嚥下困難な人のために
株式会社オオノと東北大学の老年内科とで共同開発したもの。
下着などに張り付けておくと体温により温められて
黒胡椒のエッセンシャルオイルの香りが嚥下作用を促すのです。


黒胡椒に、こんな効能があるなんて驚きです。(。・w・。 ) 

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村

2010年3月 5日 (金)

アレルギーマーチ

さて今日は一変して晴天です。
寒い間サボっていた外のデッキでの朝ヨガを再開しました。
といっても、太陽礼拝のポーズだけですが(^-^;

今日の写真は私の病気のせいで飼えなくなった子猫たちです。

これがギイちゃん

Dscf0040_2


以前、サンドスタチンの投与のために入院していた時
朝日を見ながらヨガをするために
朝日を遮る建物よりもさらに上階にまで上がり
誰もいない食堂でこっそりやっていました。

このポーズをすると心身が浄化され強められるように感じ
病気のことで心が塞ぐような時は、ことに良い運動でした。

寒いとどうしても身体中の筋が強張ってしまうのでしょうか
以前は楽々とできていたポーズがきつい(;;;´Д`)ゝ


写真はもう一匹のかわいこちゃん、ポリちゃん

Img_7194

それよりも何よりも
今、私が困っているのは花粉症のような症状。

先日のドカ雪の日に発症し(変ですよね〜?)
目の乾き、鼻水、喉の乾きのせいで奇妙な咳、頭重感あり。
熱も無いし、風邪とも思えないけど???

花粉症を発症するのはずいぶん暫くぶりのこと。
アレルギー体質であることは確かなのですが
最近まで花粉症は免れていました。

そのかわり、今の病気が発覚した年に発症したのですが
心身の疲労が大きく免疫力も落ちていたためか
両目とも角膜潰瘍になり、危うく失明の危機を味わうところでした。(@Д@;


私の体質に加えて、夫も鼻炎持ちなので
娘達もアレルギー体質で、ペットとの同居は悩みましたが
アレルギーが出ても良いから飼いたいと懇願されました。


アトピー性皮膚炎、喘息、鼻炎etc
一つの症状が消えると代わりに別の症状が現れるのを
小児科でアレルギーマーチと教わりました。
なるほど・・・と納得しますけれど
何とかうまく付き合って行くしかありません。

それにしても、こういうもやもやした身体って、
ほんとに鬱陶しいですね〜( ̄◆ ̄;)


最後の写真は、灰色猫のひそかな内職パン作りです。
なんと灰色猫がラベルになっています!

Photo

(嘘で〜す)(笑)

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧